野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「違うレベルに上がった」今季初勝利のDeNA上茶谷、指揮官も絶賛した進化の跡とは?

DeNAは9日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に6-1で勝利した。先発の上茶谷大河投手が7回1失点と好投し、今季6度目の登板で初勝利をマーク。ラミレス監督は「素晴らしいピッチングだった。昨年も含めてベストな投球だった」と絶賛した。

DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】
DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】

初回に先制許すも直後に味方打線が逆転「そこからいいリズムに乗れた」

■DeNA 6-1 阪神(9日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは9日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に6-1で勝利した。先発の上茶谷大河投手が7回1失点と好投し、今季6度目の登板で初勝利をマーク。ラミレス監督は「素晴らしいピッチングだった。昨年も含めてベストな投球だった」と絶賛した。

 立ち上がりは不本意な投球だった。先頭の近本にいきなり二塁打を許してから1死三塁までピンチを広げ、糸井の犠飛であっさりと先制を許した。「これまで毎試合のように先制点を取られて、あまりいい流れではなかった」。そう上茶谷が言うように、今季はここまでの5試合のうち4試合で先制を許した。この日もその流れは変えられなかったが、味方打線が直後に2点を奪って逆転。「打線にすぐ逆転してもらって、そこからいいリズムに乗れた」と2回以降は立ち直った。

 味方の援護にも恵まれ、3点リードで迎えた7回。2死1、3塁のピンチを迎えたが、最後は梅野を149キロのストレートで右飛に打ち取った。「前回と前々回は、調子自体は悪くない中で、粘ることができなかった」という反省を生かし、勝利を引き寄せた。「なかなか結果が出ず、気持ちも落ち気味になっていたが、戸柱さんにいろいろ引き出してもらった」と上茶谷。今季全ての試合でバッテリーを組んでいる女房役に感謝した。

 前回までの登板では「チェンジアップやフォーク系の球が抜けてしまって、はっきりボールになることが多かった。それが高めにいってバッターに打ちやすいボールになっていた」。変化球の精度が課題になっていたが、この日のマウンドでは制球も安定。「変化球がワンバウンドになっても、しっかり止めてくれるので、低めに思い切って投げることができた」と捕手への信頼感が修正を促した。

 この日はストレートも威力十分で、投球の軸に。上茶谷は「セットポジションやクイックの場面でも、ストレートでいい指の引っかかりがあったので、勝負できるボールになった。自信を持って思い切って投げられた」と手応えを話し、7回に迎えた窮地でも「今日の場合は、真っ直ぐを選んで打たれた方が悔いも残らないので」と力勝負で押し切った。

 ラミレス監督は「100球投げた後でも149キロが出ていたし、それぞれの球種の精度もよかった。またひとつ、違うレベルに上がった感じがある」と右腕の覚醒を感じていた。

 ルーキーイヤーの昨季は7勝をマーク。今永や浜口、東ら「左腕王国」と言われたチームに現れた待望の先発右腕として期待された。今季は右肘の炎症で出遅れ、その間に大貫、平良が先発右腕として台頭。2年目のジンクスも囁かれ、周囲の環境も変わりつつある状況の中、指揮官を唸らせる快投。ドラ1右腕の逆襲が始まる。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」