野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 秋山翔吾
  • 秋山翔吾が痛感したダルビッシュ攻略の難しさ「狙い球を絞るのも球種が多くて」

秋山翔吾が痛感したダルビッシュ攻略の難しさ「狙い球を絞るのも球種が多くて」

レッズの秋山翔吾外野手は9日(日本時間10日)、敵地でのカブス戦に「6番・左翼」でスタメン出場し、2安打を放った。前日の試合に続き、メジャーで初となる2試合連続マルチ安打。4打数2安打で打率.220に上げた。ダルビッシュとのメジャー2度目の対決について、秋山は「1、2打席目と2球で追い込まれてから。粘りながらというか、食らいつきながらも立てたんじゃないかと思います。狙い球を絞って打つのも球種が多くて難しい」と語った。

「6番・左翼」で先発し2安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】
「6番・左翼」で先発し2安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】

4打数2安打でメジャー初の2試合連続マルチ「結果が出たと思うところもあるし…」

■レッズ 3-0 カブス(日本時間10日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 レッズの秋山翔吾外野手は9日(日本時間10日)、敵地でのカブス戦に「6番・左翼」でスタメン出場し、2安打を放った。前日の試合に続き、メジャーで初となる2試合連続マルチ安打。4打数2安打で打率.220に上げた。ダルビッシュとのメジャー2度目の対決について、秋山は「1、2打席目と2球で追い込まれてから。粘りながらというか、食らいつきながらも立てたんじゃないかと思います。狙い球を絞って打つのも球種が多くて難しい」と語った。

 初回の第1打席、ダルビッシュ有投手から詰まりながら遊撃への内野安打を放って出塁。第2打席は一塁へのゴロを放つと、ベースカバーに入ったダルビッシュとの“競争”に。当初の判定はセーフだったものの、カブス側のチャレンジにより判定が覆り、内野安打は一ゴロへと変わった。「結果が全てと言えば、結果が出たと思うところもあるし、ポジショニング(守備位置)によっては2打席ともやられていると思う」と振り返った。

 7回の第3打席は空振り三振に倒れた秋山は9回の第4打席で左前安打を放ち、2試合連続のマルチ安打とした。だが、キンブレルの牽制球で、再びチャレンジの末に判定が覆ってアウトに。1試合で2度もチャレンジで判定が覆り、アウトになるという珍事にあった。「今のルールなのでやるしかない。覆ってしまったのはアンラッキーでも何でもない。ちゃんとしたジャッジが下されただけだと思うので。前向きに、プレーの精度を高められる材料にしていければなと思います。セーフならセーフでもちろん良かったですけど」と前向きに振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」