野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 「どんな魔術なんだ」ダルビッシュの154キロが衝撃の変化 キレキレ2シームに唖然

「どんな魔術なんだ」ダルビッシュの154キロが衝撃の変化 キレキレ2シームに唖然

カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、2敗目を喫した。初回にいきなり3ランを浴び、6回2安打3失点で降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

レッズ戦に先発して6回を投げて2安打3失点で負け投手となったダルビッシュ

■レッズ 3-0 カブス(日本時間10日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、2敗目を喫した。初回にいきなり3ランを浴び、6回2安打3失点で降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

 ダルビッシュは初回、1死からカステヤノス、ウインカーに連続四球を与えると、2死一、二塁からムスタカスに右翼スタンドへ先制の3ランを被弾。ただ、2回以降は立ち直り、6回まで無安打に封じた。6回を投げて2安打3失点9奪三振。メジャートップの8試合連続クオリティースタート(QS)を達成し、奪三振数でリーグトップに立った。

 今季2敗目を喫したダルビッシュだが、2回以降はノーヒットピッチングと快投した。その投球の中で投じた、95.5マイル(約153.7キロ)で急激に変化するツーシームがファンに衝撃を与えている。

 5回にジョーイ・ボットに対して投じた2球目のツーシーム。インコースから急激に外へと逃げていく軌道を描くと、ボットのバットは空を斬った。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏は自身のツイッターで、この1球を「ユウ・ダルビッシュ、何かに取りつかれたような96マイル(154.5 キロ)のツーシーム」と紹介した。

 これにファンも反応。「凄いな」「ジョーイ・ボットをこんなに悪く見せることは難しい」「物理学者にこんな動きか可能なのか聞いてみたい」「これはエグい」「これはどんな魔術なんだ。96マイルのボールがバッターボックスの端から端まで動いている」と驚きの声が上がっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」