野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュは「驚異的だった」 レッズ大砲が振り返る右腕の支配的な投球

カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、今季2敗目を喫した。初回にいきなり3点を失い、6回2安打3失点でリードを許して降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

ダルビッシュは連勝が7で途切れるも6回2安打3失点と力投した

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、今季2敗目を喫した。初回にいきなり3点を失い、6回2安打3失点でリードを許して降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今季のサイ・ヤング賞を争うだろう鬼才バウアーとの投げ合い。結果的には初回2死一、二塁からのムスタカスの右越え3ランが“命取り”となったが、打ったムスタカスにはダルビッシュが脅威に映っていたようだ。 レッズの球団公式サイトはムスタカスが「いつでも先制点を取りたい。リードを奪いたい。特にダルビッシュのような投手相手にはね。彼の能力は分かっている。初回の後はそれを見せていた。驚異的だった。あの初回でさえ、素晴らしい投球をしていた。甘く入った変化球に良いスイングができた。先制点を取り、トレバー(バウアー)にリードを与えられたことはすごく大きかった」と振り返ったことを紹介している。

 ここまでリーグトップタイの7勝、リーグ3位の防御率1.77。72奪三振はリーグトップだ。敗れたはしたものの、日本人初のサイ・ヤング賞への期待が膨らむ投球となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」