野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム吉田輝、プロ最長の6回途中4安打3失点 リード許してプロ2勝目ならず

日本ハムの吉田輝星投手が11日、楽天生命パークで行われた楽天戦に先発し、プロ最長となる5回0/3を投げて4安打3失点3奪三振5四死球で降板した。

楽天戦に先発した日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パリーグTV】
楽天戦に先発した日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パリーグTV】

1点リードの4回には味方のエラーが絡み逆転を許した

■楽天 – 日本ハム(11日・楽天生命パーク)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの吉田輝星投手が11日、楽天生命パークで行われた楽天戦に先発し、プロ最長となる5回0/3を投げて4安打3失点3奪三振5四死球で降板した。

 2点のリードをもらった初回、吉田輝は先頭の岡島に四球を与えると、田中和に右前打、鈴木に死球を与えて、いきなり無死満塁のピンチを招く。4番の浅村は二ゴロ併殺打に打ち取るも、この間に三塁走者が生還して1点を返された。それでも、なおも2死三塁で続く島内を空振り三振に仕留めて最少失点で窮地を脱した。

 2回には2死から2者連続四球を与えるも、後続を中飛に打ち取り無失点。3回は二ゴロ、左飛、一ゴロで3者凡退。“鬼門”は4回だった。1死から6番の茂木に中越え三塁打を浴びると、続くロメロの打球を遊撃の平沼が痛恨のタイムリーエラー。さらに、小深田には中前適時打を浴びて逆転を許した。

 5回は2番田中和、3番鈴木、4番浅村の中軸を意地の3者凡退。6回には先頭の島内に四球を与え、続く茂木に左前打を浴びたところで降板となった。2番手・井口、3番手福田が後続を封じて吉田輝は6回途中4安打3失点で、プロ2勝目はならなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」