野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、省エネ2時間21分で快勝「色んな意味でナイスゲーム」前日は5時間38分…

ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームで西武と対戦し、4-2で快勝した。前日の楽天戦は2度の中断があり、試合が終わったのは23時38分。そこから朝に福岡へと戻り、行った移動ゲームは2時間21分の省エネ試合となり、工藤公康監督も「いろんな意味でナイスゲームでした」と笑顔を浮かべた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

前日は23時38分に試合が終わり、この日は移動ゲームだった

■ソフトバンク 4-2 西武(11日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームで西武と対戦し、4-2で快勝した。前日の楽天戦は2度の中断があり、試合が終わったのは23時38分。そこから朝に福岡へと戻り、行った移動ゲームは2時間21分の省エネ試合となり、工藤公康監督も「いろんな意味でナイスゲームでした」と笑顔を浮かべた。

 先発のムーアが3回まで1安打、5つの三振を奪う立ち上がりを見せると、3回に周東の適時打で先制。さらに周東が二盗、三盗を立て続けに決めると、すかさず中村晃が中犠飛を放って1点を追加した。4回にメヒアの2ランで追いつかれたものの、4回にはデスパイネが勝ち越しソロ。8回にもデスパイネが適時二塁打を放ってリードを広げた。

 ムーアは来日後最長となる7回を投げて3安打2失点で2勝目。8回はモイネロ、9回は森が締めてリードを守った。試合後、工藤監督は「ムーアが良かったですね。明日はまた切り替えて、力を合わせて勝てるように、いいゲームをしたい」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」