野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「すげえ成長したなあ…」 プロ2年目、日本ハム吉田輝の今季初登板にファン感動

日本ハムの吉田輝星投手が11日、楽天生命パークで行われた楽天戦に今季初先発。プロ最長となる5回0/3を投げて4安打3失点3奪三振5四死球の内容で勝ち負けはつかなかった。

楽天戦に先発した日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パリーグTV】
楽天戦に先発した日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パリーグTV】

5回0/3を投げて4安打3失点3奪三振5四死球の内容で勝ち負けはつかなかった

■楽天 5-4 日本ハム(11日・楽天生命パーク)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 日本ハムの吉田輝星投手が11日、楽天生命パークで行われた楽天戦に今季初先発。プロ最長となる5回0/3を投げて4安打3失点3奪三振5四死球の内容で勝ち負けはつかなかった。

 2点のリードをもらった初回は先頭の岡島に四球を与えると、田中和に右前打、鈴木に死球を与え、いきなり無死満塁のピンチを招く。4番浅村を併殺打に打ち取るも、この間に三塁走者が生還し1失点。なおも2死三塁で続く島内を空振り三振に仕留め、最少失点で窮地を脱する。

 2回には2死から2者連続四球を与えるも、後続を中打ち取り無失点。3回は二ゴロ、左飛、一ゴロで3者凡退に抑えた。4回には味方のエラーから2点を失うも、5回は意地の3者凡退。6回無死一、二塁、100球を越えたところで無念の降板となったが、プロ2年目として順調な成長を感じさせた。

「パーソル パ・リーグTV」も「吉田輝星『こんなもんじゃない投球』まとめ」とのタイトルでこの動画を公開。ファンからは「中日戦から…すげえ成長したなぁ。ストレート以外で勝負出来てるの観て感動したわ。」「みんな忘れてると思うがまだ高卒二年目だからね」「吉田が高校生の時の侍ポーズがまた見たい!」「こんなもんで満足されたら困る(愛情たっぷり)」とその成長を期待する声が上がっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」