野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智、米最長の7号133M弾に米メディア驚愕 「ボールを破壊」「マンモス級」

筒香嘉智、米最長の7号133M弾に米メディア驚愕 「ボールを破壊」「マンモス級」

レイズの筒香嘉智外野手は11日(日本時間12日)、本拠地のレッドソックス戦で「6番・三塁」で先発出場。2回の第1打席で先制の7号ソロを放った。打球速度109マイル(約175.4キロ)、角度25度。飛距離437フィート(約133.2メートル)は渡米後最長だった。

第1打席で今季第7号を放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】
第1打席で今季第7号を放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】

レイズは“オール左打者”の史上初オーダー→レッドソックス左腕にスイッチ→筒香が先制7号ソロ

■レイズ – Rソックス(日本時間12日・タンパ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 レイズの筒香嘉智外野手は11日(日本時間12日)、本拠地のレッドソックス戦で「6番・三塁」で先発出場。2回の第1打席で先制の7号ソロを放った。打球速度109マイル(約175.4キロ)、角度25度。飛距離437フィート(約133.2メートル)は渡米後最長だった。

 2回先頭。2ボール2ストライクから、左腕ホールのカーブを捉えた。右中間へ飛び込む6試合ぶりのアーチで先取点をもたらした。レッドソックス先発は右腕トリッグス。レイズ・キャッシュ監督はスイッチヒッターなしで“オール左打者”のオーダーを組んだ。大リーグ史上初の“珍事”だった。レッドソックスは2回から左腕ホールにスイッチしたが、筒香は物ともしないアーチをかけた。

 筒香の先制弾を地元メディアは次々と速報した。ラジオ番組「レイズ・ベースボール・ネットワーク」のキャスター、ニール・ソロンズ氏は「(レッドソックスは左投手に代えたが)それは裏目に出た。レイズ、ヨシ・ツツゴウの右中間へのマンモス級のホームランは水槽の真上へ。2回に1-0とリード」とツイート。大リーグ公式サイトのレイズ番、フアン・トリビオ記者は「ヨシ・ツツゴウがボールを破壊した。それはレイズの水槽に入っただろう。レイズが1-0とリード」と自身のツイッターで伝えた。

 チームは地区首位を走るが、3連敗中だ。チームへ勢いを与える一撃となったに違いない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」