野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、好機生かせず接戦落とす… “ラミ采配”も不発、惜敗で見えた不安要素

DeNAは11日、横浜スタジアムで行われた中日戦に2-3で敗れた。前日まで7試合連続2ケタ安打を記録した打線が、中日先発・柳の前に5回まで1安打と沈黙。終盤の好機も生かせず、あと1点が奪えなかった。10日の阪神戦での1点差ゲームとはまた違った僅差の展開で、今季のチームの弱点と言うべき点が露わになった。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

無死一、二塁の場面で倉本に犠打のサインも失敗。試合後は問われ「いい質問だ」

■中日 3-2 DeNA(11日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは11日、横浜スタジアムで行われた中日戦に2-3で敗れた。前日まで7試合連続2ケタ安打を記録した打線が、中日先発・柳の前に5回まで1安打と沈黙。終盤の好機も生かせず、あと1点が奪えなかった。10日の阪神戦での1点差ゲームとはまた違った僅差の展開で、今季のチームの弱点と言うべき点が露わになった。

 3点ビハインドから6回に1点を返して柳を降板させ、さらに7回にも佐野の四球と宮崎の安打で無死一、二塁のチャンスを作った。ここで打者の倉本に対して、ラミレス監督は送りバントのサインを選択。カウント2-1からの倉本のバントは投手の正面に転がり、佐野が三塁で封殺された。宮崎と佐野の走力に加えて今年の傾向を見れば、強行策も考えられたが、指揮官の選択は失敗に終わり、この回は無得点に終わった。

 試合後のリモート会見で記者からバント選択の判断を問われたラミレス監督は「非常にいい質問だ」と前置きした後、「あの状況では、もちろん打たせるという選択もあった。ランナー2人の走力を考えると、佐野が三塁でアウトになる可能性も高いと思ったが、打たせればダブルプレーということもある。バント失敗ならまだランナー2人が残るので、バントのサインを出した」と経緯を説明した。前日まで7試合連続2ケタ安打でチーム打率は12球団トップという自慢の打線とは言え、これまで指揮官がバントを選択しなかったのは、“しない”のではなく“できない”という理由も、多分にあるのかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」