野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

父は侍ジャパン前監督 小久保直紀が“歌手デビュー”「いつか父を超えていけるように」

いつか偉大な親父を超えていけるように――。侍ジャパン前監督の小久保裕紀氏を父に持つシンガーソングライターの小久保直紀が12日、ファーストシングル「Spark」をリリースした。Full-Count編集部は本格的な“歌手デビュー”となる23歳を直撃。歌手を目指そうと思ったきっかけや、プロ野球で通算2041安打、413本塁打を記録した父親から学んだことなど大いに語った。

侍ジャパン前監督の小久保裕紀氏を父に持つシンガーソングライターの小久保直紀さん【写真:本人提供】
侍ジャパン前監督の小久保裕紀氏を父に持つシンガーソングライターの小久保直紀さん【写真:本人提供】

偉大な父・小久保裕紀氏から助言「今を大事に。その一瞬一瞬で頑張ってくれ」

 いつか偉大な親父を超えていけるように――。侍ジャパン前監督の小久保裕紀氏を父に持つシンガーソングライターの小久保直紀が12日、ファーストシングル「Spark」をリリースした。Full-Count編集部は本格的な“歌手デビュー”となる23歳を直撃。歌手を目指そうと思ったきっかけや、プロ野球で通算2041安打、413本塁打を記録した父親から学んだことなど大いに語った。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 音楽との“出会い”は15歳、カナダ留学中だった。オペラシンガーのレッスンを受けたことをきっかけに興味を持ち、カナダのブロックビルで開催された歌のコンテストで2位入賞。異国で歌手として評価された――。音楽の魅力にとりつかれたという。

「父がカラオケが好きで家族で行ってましたが、その程度でした。野球やサッカー、母の影響で日本舞踏をやっていたんですが、歌手になるなんて考えたことはありませんでした」

「(カナダ留学で)歌のレッスンを1回受けてみようかなと体験して、コンテストにはピアノとアカペラで出たんです。まだ英語もうまく話せなかったんですけど、高校生レベルとはいえ外国人の自分が2位を取れたのは大きな自信になりました。スタンディングオベーションを受けて『歌って凄いな』と。言葉を話せなくても周りとコミュニケーションが取れる。音楽は素晴らしいなと思って、本格的にのめり込みました」

 カナダ、アメリカで約3年間ヴォーカルやギターのレッスンを受講。ギターでオリジナル曲の制作もスタートした。18歳で帰国し、20歳で上京。福岡、東京でライブ活動をしている際にスカウトを受け、2017年9月26日のソフトバンク-ロッテ戦で国歌斉唱を担当した。舞台は父がかつて大活躍したヤフオクドーム(現PayPayドーム)だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」