野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・吉川尚が驚異6割超え、阪神ボーア&サンズ&大山が好調…セ週間ベストナインは?

6月19日にシーズン開幕を迎えた2020年のペナントレース。120試合制で行われる今季の折り返し地点を過ぎ、いよいよ勝負の後半戦に入っている。残り50試合を切った段階でセ・リーグは巨人が首位を独走、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

巨人・吉川尚輝(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:荒川祐史】
巨人・吉川尚輝(左)と阪神のジェリー・サンズ【写真:荒川祐史】

巨人が6勝0敗1分で2位との差を9.5ゲームに広げた第13週

 6月19日にシーズン開幕を迎えた2020年のペナントレース。120試合制で行われる今季の折り返し地点を過ぎ、いよいよ勝負の後半戦に入っている。残り50試合を切った段階でセ・リーグは巨人が首位を独走、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9月7日から9月14日までの1週間の選手成績を振り返り、Full-Count独自で週間ベストナインを選出。今回はセ・リーグ第13週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 71試合45勝22敗4分
→2 阪神 72試合36勝32敗4分 9.5
→3 DeNA 74試合35勝34敗5分 1.5
→4 中日 75試合33勝37敗5分 2.5
↑5 広島 72試合27勝37敗8分 3.0
↓6 ヤクルト 72試合26勝40敗6分 2.0

【第13週セ・リーグ】
1 巨人 6勝0敗1分
2 阪神 4勝2敗1分
3 DeNA 2勝3敗1分
3 中日 2勝3敗1分
3 広島 2勝3敗1分
6 ヤクルト 0勝5敗1分

 この1週間は上位と下位の明暗が分かれた。首位を走る巨人は6勝0敗1分と負けなし。前週終了時点で7.5ゲームだった2位との差は9.5ゲームへ広がり、独走状態になっている。2位の阪神も4勝2敗1分と勝ち越しに成功。一方でDeNA、中日、広島は揃って2勝3敗1分。ヤクルトは1勝もできなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」