野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

育成出身の西武高木が手をかけるレギュラーの座 辻監督が起用する理由は…

故障者続出の西武で、20歳の若獅子が名乗りを上げた。育成選手出身のプロ3年目、右投左打の高木渉外野手である。15日には本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に「6番・左翼」でスタメン出場し、“逆方向”の左翼席へ通算2号、本拠地では初の本塁打を放った。

西武・高木渉【写真:荒川祐史】
西武・高木渉【写真:荒川祐史】

左翼へ本拠地1号、辻監督も高く評価「意外にスイングが強いから使っている」

■西武 4-3 ロッテ(15日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 故障者続出の西武で、20歳の若獅子が名乗りを上げた。育成選手出身のプロ3年目、右投左打の高木渉外野手である。15日には本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に「6番・左翼」でスタメン出場し、“逆方向”の左翼席へ通算2号、本拠地では初の本塁打を放った。

 西武はこの日、0-3で3点ビハインドの7回、ロッテ先発の石川から先頭の山川が中前打を放ったが、続くメヒアが三ゴロ併殺打。チャンスの芽は、一瞬にして摘まれたかにみえた。しかし続く高木がカウント0-1から、2球目のツーシームをジャストミート。打球はギリギリ左翼フェンスを越え、スタンドに飛び込んだ。

 1打席目は左飛、2打席目は遊ゴロに倒れ、迎えた3打席目には「気分転換で」バットを替えて臨んでいた。ダイヤモンドを1周しベンチに戻ると、感謝の気持ちを捧げるかのように、打ったバットを両手で握りしめながら見つめていた。

 これが反撃ののろしとなった。チームは続く8回、先頭の代打・森の右翼線二塁打を足掛かりに、金子の中前適時打、スパンジェンバーグの11号2ランで逆転。勝利をものにしたのだった。辻監督は「無死一塁からの併殺打で、ムードが沈みがちなところで、高木が見事なソロ本塁打。あれで2点差となり、走者が1人出れば一発同点の状況になった。そういう意味で大きな一発だった」と褒め上げ、「あいつのいいところは、ああいう風に逆方向へも長打が出ること。意外にスイングが強いので、期待して使っている」と評した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」