野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「年間通して一番酷い」打者も球審にびっくり…明らかな誤審にファン憤慨

「年間通して一番酷い」打者も球審にびっくり…明らかな誤審にファン憤慨

16日(日本時間17日)に行われたオリオールズ-ブレーブス戦で、明らかに誤審に見える球審によるストライク判定が行われた。「ピッチングニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が、問題の場面を動画で公開している。

ブレーブスのマルセル・オズナ(左)【写真:AP】
ブレーブスのマルセル・オズナ(左)【写真:AP】

打者のオズナは驚き隠せない表情で球審の顔を数秒間見つめる

■オリオールズ 5-1 ブレーブス(日本時間17日・ボルティモア)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 16日(日本時間17日)に行われたオリオールズ-ブレーブス戦で、明らかに誤審に見える球審によるストライク判定が行われた。「ピッチングニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が、問題の場面を動画で公開している。

 場面は1回1死一塁。右打席に立ったブレーブスのオズナに対し、オリオールズの左腕エイキンが投じた変化球は外角に大きく外れた。オズナは見送ったが、判定はなんとストライク。思わず驚いた表情で数秒間、球審を見つめて無言の“抗議”をしていた。

 これにはファンも憤慨。フリードマン氏のツイートのコメント欄には「それは酷すぎるな」「オズナはこれを信じられなかったんだね」「下手過ぎるぞ」「年間通して一番酷いな」「彼のストライクゾーンは広いね」と批判的な声が相次いだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」