野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、今季最長7回3失点で3勝目 指揮官高評価「試合が進むにつれて良くなった」

田中将大、今季最長7回3失点で3勝目 指揮官高評価「試合が進むにつれて良くなった」

ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)、本拠地のブルージェイズ戦に先発。今季最長となる7回を投げ、7安打5奪三振3失点の好投で3勝目を挙げた。試合後は「全体的には良い登板だった」と振り返った。

Bジェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】
Bジェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】

7回無四球7安打3失点、ブーン監督「守備でも本当に良いプレーを見せた」

■ヤンキース 10-7 Bジェイズ(日本時間18日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)、本拠地のブルージェイズ戦に先発。今季最長となる7回を投げ、7安打5奪三振3失点の好投で3勝目を挙げた。試合後は「全体的には良い登板だった」と振り返った。

 初回、2回と3者凡退。3回にグリエルJr.のソロ本塁打などで同点に追いつかれたが、4回に打線がメジャータイ記録の1イニング5本塁打と爆発。大量援護もあり、田中は7回91球を投げ抜いた。ブーン監督は「試合が進むにつれて良くなったと思う。試合の途中から良いスプリットを投げるようになった。序盤ではいくつかのミスが響いたが、試合が進むにつれて調子を上げた。守備でも本当に良いプレーを見せた。試合が進むにつれて向上し、スプリットも良くなったのを見られて良かった」と評価した。

 地区2位のヤンキースはメジャー新記録の3連戦19本塁打でブルージェイズに3連勝。連勝を8に伸ばした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」