野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

医療従事者のための「鷹の祭典」と亡き恩人 鷹・中村晃の思いが込もった3安打2打点

17日の日本ハム戦でプロ通算1000本安打を達成したソフトバンクの中村晃外野手。札幌からの長距離移動の後に臨んだ18日の楽天戦では「3番・一塁」でスタメン出場すると、先制打を含む3安打2打点の活躍を見せた。

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

17日に通算1000安打を達成すると、付き物が落ちたかのような猛打賞

■ソフトバンク 9-3 楽天(18日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 17日の日本ハム戦でプロ通算1000本安打を達成したソフトバンクの中村晃外野手。札幌からの長距離移動の後に臨んだ18日の楽天戦では「3番・一塁」でスタメン出場すると、先制打を含む3安打2打点の活躍を見せた。

 9月12日の西武戦(PayPayドーム)でマルチ安打を記録し、通算1000本安打まで残り2本とした中村晃。翌13日のホームゲームで決めるかと期待されながら無安打に終わり、札幌へと移動した。日本ハムとの3連戦初戦の初回に999本目のヒットを放ちながら、そこから11打席ヒットが出ず。記念の1本は札幌での第3戦の9回。チームの得点に繋がる三塁強襲の内野安打だった。

 そして、日本球界で最長距離となる札幌から福岡への移動を経て迎えた楽天戦。中村晃は、初回の第1打席で先制のタイムリー二塁打。中村は「打ったのはカーブ。積極的に打ちにいきました。チャンスで打てて良かったし、先制できて良かった」と振り返った。

 1000本目まで11打席、苦しんだのが嘘かのように、この日の中村晃は“らしさ”を取り戻していた。内野ゴロと四球を挟んで迎えた6回の第4打席では大きなバウンドの内野安打、8回の第5打席はセンターへの鮮やかな適時打。8月30日以来となる猛打賞を記録した。

 中村晃が最初の打席に入る直前、スタンドから「昨日のヒットがエラー(の判定)だったら、今日目の前で記念のヒットが見れたのに」という会話が聞こえてきた。そう考えたくなるファンの気持ちはよく理解できるが、中村自身もこれまでの全打席で全力を出してきた結果、たまたま札幌で節目の一本が出たということだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」