野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今シーズン唯一「8番・投手」を繰り出すDeNA ラミレス監督の意図と根拠は?

DeNAのアレックス・ラミレス監督が時折、繰り出し話題になっているのが、投手を8番に置く戦法。20日現在、80試合中37.5%の30試合で行い、勝率.552(16勝13敗1分)。普通に投手を9番に置いたケースの.478(22勝24敗4分)を上回っている。DH制のないセ・リーグで今季、投手を8番に入れることがあるのはDeNAだけ。そこには、どんな意図と根拠があるのだろうか。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

「8番・投手」のケースでの勝率.552、「9番・投手」は勝利.478

 DeNAのアレックス・ラミレス監督が時折、繰り出し話題になっているのが、投手を8番に置く戦法。20日現在、80試合中37.5%の30試合で行い、勝率.552(16勝13敗1分)。普通に投手を9番に置いたケースの.478(22勝24敗4分)を上回っている。DH制のないセ・リーグで今季、投手を8番に入れることがあるのはDeNAだけ。そこには、どんな意図と根拠があるのだろうか。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ラミレス監督率いるDeNAは18日から20日まで、首位を独走する巨人と本拠地・横浜スタジアムで3連戦を行い、2勝1敗で勝ち越した。19日の2戦目のみ投手の浜口を8番に入れ、9番は倉本。他の2試合は投手を9番に置いた。

 20日の3戦目の下位打線は、6番・戸柱、7番・倉本、8番・柴田、9番が投手の大貫。ラミレス監督は試合前、大貫を9番に置く理由をこう説明した。

「戸柱、倉本に連打が生まれて一、二塁となった場合、8番が投手であれば送りバントのケースだが、戸柱の走力では三塁でアウトになる可能性が非常に高い。だから8番に野手を置いて、さらに連打を狙っていく」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」