野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • CY賞争いでも飽くなき探究心 なぜダルビッシュは“マエケン・チェンジ”を導入したのか

CY賞争いでも飽くなき探究心 なぜダルビッシュは“マエケン・チェンジ”を導入したのか

カブスのダルビッシュ有投手は20日(日本時間21日)、本拠地のツインズ戦で先発登板し、7回途中9奪三振、9安打4失点。今季ワースト失点で今季3敗目を喫した。リーグ単独トップの8勝目はならず、防御率2.22はリーグ7位に。レッズ・バウアーらとのサイ・ヤング賞争いへ手痛い黒星となったが、その一方で投球の幅を広げる登板となった。

カブス・ダルビッシュ有(左)とツインズ・前田健太【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有(左)とツインズ・前田健太【写真:AP】

登板前日に前田健太と話→チェンジアップの投げ方を聞く→公式戦で即実践

■ツインズ 4-0 カブス(日本時間21日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は20日(日本時間21日)、本拠地のツインズ戦で先発登板し、7回途中9奪三振、9安打4失点。今季ワースト失点で今季3敗目を喫した。リーグ単独トップの8勝目はならず、防御率2.22はリーグ7位に。レッズ・バウアーらとのサイ・ヤング賞争いへ手痛い黒星となったが、その一方で投球の幅を広げる登板となった。

 登板前日。ダルビッシュはツインズ・前田健太投手と連絡を取り、「チェンジアップの投げ方を教えてもらった」という。自身の落ち球スプリットへの“違和感”から試合での導入を決めた。

「対左だとカットしたり、縦にいい落ち方をしても、前から言っているんですけど、思ったより振ってくれないというか、(打者に)僕のイメージと違う感じの反応されるのはすごく嫌なんですよね。今日の変化量を見ても、いつもより落ちているし、ちょっとフェードがかかっているので。しかもコントロールしやすいということもあって、対左に対して。これから先、来年もそうだし、すごく大きな球になるんじゃないかなというふうには思います」

 前田からチェンジアップの握り方から教わり、試合でつかんだ手応え。今季レギュラーシーズン中の登板は残り1試合。自分なりにアレンジを加えていくという。

「握りが前田選手と全く同じなので、自分なりに小指の位置であったりとか、ちょっとその、この4日間で修正して、もう少し使えるものにしたいかなと思います」

 米メディアでは11個の変化球を持つとされている。そこに“マエケン・チェンジ”が加われば……。試合ですぐに使えてしまう器用さはさすがだが、サイ・ヤング賞争いを続ける中での探究心、向上心。ダルビッシュには頭が下がるばかりだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」