野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「こんな余裕で…」広島・鈴木誠、巨人直江の初安打を“阻止”したライトゴロに反響

21日に東京ドームで行われた巨人対広島戦でライトゴロが完成した。2回に巨人の直江大輔投手が右前へ痛烈なゴロを放ったが、広島の右翼・鈴木誠也の好守によって、記念すべきプロ初安打が消えた。

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

巨人の直江が放った右前への当たりでライトゴロを完成させた鈴木誠也

■巨人 10-3 広島(21日・東京ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 21日に東京ドームで行われた巨人対広島戦でライトゴロが完成した。2回に巨人の直江大輔投手が右前へ痛烈なゴロを放ったが、広島の右翼・鈴木誠也の好守によって、記念すべきプロ初安打が消えた。

 2回2死で迎えた第1打席だった。直江は広島の先発・九里の初球を捉えると、打球は鋭いライナーとなって勢いよく一、二塁間を抜けて右前へと転がった。記念すべきプロ初安打、かと思われたが、前進しチャージをかけた鈴木誠は捕球すると即座に一塁に送球。直江がベースを駆け抜ける前にアウトとなった。

 鈴木誠の好判断の前に、プロ2年目右腕の直江のプロ初安打はならず。このプレーを動画で紹介した「DAZN(ダゾーン)」のツイッターには「パワプロでもなかなか見られないライトゴロ」「こんな余裕でアウトになるライトゴロは初めて見た」「ライトゴロすごい」とファンもコメント。珍しいライトゴロで大きな反響を呼んでいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」