野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテに電撃加入の元中日チェン・ウェイン 今季の総年俸が23億円超の謎

21日にロッテが獲得を発表した元中日、MLBマーリンズのチェン・ウェイン投手。現在パ・リーグ2位につけ、首位のソフトバンクを猛追するロッテによる元メジャーリーガー獲得の知らせはファンに大きな衝撃を与えることになった。

今季はマイナー契約でマリナーズにも所属していたチェン・ウェイン【写真:AP】
今季はマイナー契約でマリナーズにも所属していたチェン・ウェイン【写真:AP】

年俸約23億円の契約を1年残してマーリンズから放出されたチェン

 21日にロッテが獲得を発表した元中日、MLBマーリンズのチェン・ウェイン投手。現在パ・リーグ2位につけ、首位のソフトバンクを猛追するロッテによる元メジャーリーガー獲得の知らせはファンに大きな衝撃を与えることになった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 今季はマリナーズとマイナー契約を結んでいたチェンだが、新型コロナウイルスの感染拡大でMLBの開幕が延期され、マイナーリーグが中止となると、6月下旬にマリナーズから放出された。その後は移籍先を模索し、このほど9年ぶりの日本球界復帰が決まった。

 ロッテと結んだ契約では、チェンの今季の推定年俸は3000万円とされる。だが、その一方で、チェンは今季、約23億円もの収入を手にすることになる。それはなぜだろうか?

 2012年に中日からオリオールズに移籍したチェン。メジャー1年目に12勝11敗をマークすると、2014年には16勝6敗の好成績をあげた。2015年も11勝を挙げて4年で3度の2桁勝利を記録し、そのオフにマーリンズと5年総額8000万ドル(約83億5000万円)の大型契約を結んだ。

 だが、マーリンズ移籍後のチェンは低迷。2016年は5勝5敗に終わると、2017年は2勝1敗、2018年は6勝12敗と苦戦が続いた。2019年は中継ぎに配置転換され45試合に登板したが、0勝1敗、防御率6.59に終わり、オフにマーリンズから契約を1年残して自由契約になった。

 本来は2020年が契約最終年となるはずだったため、マーリンズには今季年俸2200万ドル(約23億円)の支払い義務が残っている。新型コロナウイルスの感染拡大により短縮シーズンとなったメジャーリーグだが、コロナ禍以前に自由契約とされた契約については全額が支払われる契約になっており、チェンは今季もこの額を手にすることになる。ロッテは先発としての起用を見込むチェン・ウェイン。果たして、どれだけの活躍を見せてくれるだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」