野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

山川&森が先発外…“西武ライオンズ”3000勝も指揮官「節目とか言ってられない」

西武は23日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦に6-5の逆転勝ちを収めた。山川穂高内野手と森友哉捕手の主力2人を打撃不振でスタメン外に。「9番・捕手」として先発出場したドラフト5位ルーキー柘植世那(つげ・せな)捕手が、決勝打を放つなど活躍した。また、1978年オフに西武がクラウンライター・ライオンズを買収し福岡から埼玉に移転して「西武ライオンズ」となってから、通算3000勝目となった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

ルーキー捕手・柘植が躍動!決勝打&初盗塁「健大高崎出身なので」

■西武 6-5 日本ハム(23日・メットライフ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武は23日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦に6-5の逆転勝ちを収めた。山川穂高内野手と森友哉捕手の主力2人を打撃不振でスタメン外に。「9番・捕手」として先発出場したドラフト5位ルーキー柘植世那(つげ・せな)捕手が、決勝打を放つなど活躍した。また、1978年オフに西武がクラウンライター・ライオンズを買収し福岡から埼玉に移転して「西武ライオンズ」となってから、通算3000勝目となった。

 先発投手のドラフト2位左腕、浜屋は6回途中まで3安打4四球4失点と苦しみながら、2勝目を挙げた。浜屋はプロ初先発で初勝利を挙げた前回登板の16日・ロッテ戦に続いて、柘植との“新人バッテリー”で勝利にこぎつけた。

 西武は3点を追う4回、日本ハム先発のバーヘイゲンを攻め、14年目のベテラン木村の起死回生の5号3ランで同点に。なおも2死二塁とし、柘植が左前へ勝ち越し適時打を放った。柘植は直後、バーヘイゲンの投球モーションを完全に盗み、プロ初盗塁も成功。社会人のHonda鈴鹿から入団したルーキー捕手は、試合後にお立ち台で「足は速くないんですが、出身高校が(機動力野球で有名な)健大高崎なので、走塁面は勉強してきました。いいスタートが切れてよかった」と笑わせた。浜屋とのバッテリーで2連勝したことについては、「投手のピッチングが全て。ハマちゃんの勝利です」と相棒を立てた。

 1点リードで終盤の3イニングをしのぎ切り辛勝。辻発彦監督は5位低迷中とあって、試合後の勝利監督インタビューでは「通算3000勝? いやいや、もう、節目とか言っていられない。勝たなきゃいけない試合だった。よく逃げ切ってくれました」とホッと胸をなでおろした。そして「しんどいかな、という流れだったが、木村の同点本塁打でベンチの意気が上がった。そのあと、タイムリーを打った柘植も非常に良かった」とたたえた。

 この日は右手首痛で戦列を離れていた中村が1軍に復帰し、6番・三塁でスタメン出場して3打数1安打1四球。一方、先発を外れた山川は7回1死走者なしで代打で登場したが、左腕の加藤に対し空振り三振。最近スタメン出場した試合が6連敗の森は、出番がなかった。この2人が復調してこそ、真の獅子復活といえる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」