野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・武田、3回6失点でKO 2連続押し出し含む6安打5四死球の大炎上

ソフトバンクの武田翔太投手が2つの押し出しを含む3回6失点と炎上した。23日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦。初回に2点を失うと、3回まで3イニング連続で失点を重ねた。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

3回には1死満塁から2者連続で押し出し四球を与えた武田

■ソフトバンク – オリックス(23日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクの武田翔太投手が2つの押し出しを含む3回6失点と炎上した。23日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦。初回に2点を失うと、3回まで3イニング連続で失点を重ねた。

 初回、簡単に2死を奪うも、安達に中前安打、吉田正に四球を与えると、モヤ、太田に連続適時打を浴びて2点を先生された。2回には大下に四球を与えると、9番の伏見に2ランを被弾した。

 3回には太田の遊ゴロを周東が悪送球。杉本に死球を与えるなど満塁とされると、伏見、福田に連続押し出し四球を与えて、この回も2失点。武田は3回でKOされ、6安打5四死球6失点と大炎上した。

 昨オフに受けた右肘の手術から復帰し、8月28日の日本ハム戦で今季初登板初勝利をマークした武田。そこから今季は3試合に登板して2勝0敗と好投していた。9月12日の西武戦後に登板間隔を空けるために出場選手登録を抹消。中10日空けてのこの日のマウンドだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」