野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹対オリで珍事発生 一度はボーク判定も「双方ルール違反」で元に戻る

23日に行われたソフトバンク対オリックスの一戦で、一時、状況が混乱し試合が中断する場面があった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

5回の打席でグラシアルが投球直前に打撃姿勢を解く

■ソフトバンク – オリックス(23日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 23日に行われたソフトバンク対オリックスの一戦で、一時、状況が混乱し試合が中断する場面があった。

 9点ビハインドで迎えた5回のソフトバンクの攻撃。2死一、二塁で打席にはグラシアルが入った。オリックス先発の田嶋が1ボール2ストライクからの4球目を投じようとした時だった。

 打席のグラシアルがタイムを要求して打撃姿勢を解いた。4球目を投げようとした田嶋はこれを見てフォームの途中で投げるのをやめた。森球審はタイムをかけていなかったため、一度はボークとされて走者に進塁が認められた。

 だが、審判団が集まって協議をすると、走者はそれぞれ元の塁に戻された。これにソフトバンクの工藤公康監督はベンチから出て球審に抗議し説明を求めた。森球審はこのあと、場内アナウンスでこのプレーと判定について「打者が打撃姿勢をやめ、投手が投球をやめました。双方がルール違反を犯しているため、戻して再開します」と説明した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」