野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太は「明確なエース」 MLB公式はPOに太鼓判「どんな打線が相手でも通用する」

前田健太は「明確なエース」 MLB公式はPOに太鼓判「どんな打線が相手でも通用する」

ツインズの前田健太投手は23日(日本時間24日)、本拠地タイガース戦で先発登板6回4安打3失点の好投で今季6勝目を挙げた。日米通算150勝(NPB97勝、MLB53勝)をマークした右腕をMLB公式サイトも「明確なエース」と賛辞を送っている。

タイガース戦に先発し今季6勝目を挙げたツインズ・前田健太【写真:AP】
タイガース戦に先発し今季6勝目を挙げたツインズ・前田健太【写真:AP】

「マエダがこのローテーションのエースであることに疑問を唱える人はほぼいないだろう」

■ツインズ 7-6 タイガース(日本時間24日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手は23日(日本時間24日)、本拠地タイガース戦で先発登板6回4安打3失点の好投で今季6勝目を挙げた。日米通算150勝(NPB97勝、MLB53勝)をマークした右腕をMLB公式サイトも「明確なエース」と賛辞を送っている。

 6回に1死一、二塁からカブレラに3ランを被弾したが6回を4安打3失点9奪三振、無四球と安定感抜群の投球で今季6勝目、そしてチームをア・リーグ中地区首位に導いた。

 MLB公式サイトも「明確なエース、マエダがツインズを1位に導いた」と見出しを付け、前田の好投を伝えている。ドジャース時代にはシーズン途中にリリーフに回されたことなどを言及し「彼の意に反して彼をリリーフのスペシャリストとしての役割に押しやったと考えられる」と指摘。

 だが、新天地ツインズでは先発ローテを守り11試合に登板し6勝1敗、防御率2.70。エース級の成績を残した前田を「ツインズがプレーオフをずっと勝ち進んでいくことを目指す中、マエダがこのローテーションのエースであることに疑問を唱える人はほぼいないだろう。彼はレギュラーシーズン最後の登板でも再びエースとしての投球をした」と称賛した。

 前田はワイルドカードシリーズ第1戦での先発が濃厚。ツインズはここまで2004年のヤンキースとの地区シリーズ第1戦に勝ったのを最後にポストシーズン16連敗中。そのうちヤンキースには13連敗だが「相手がヤンキースであれインディアンスであれアストロズであれカブスであれ、どんな打線が相手でも通用するだろう」と、プレーオフでの登板にも大きな期待を込めていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」