野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武止まらない負のスパイラル 山川&金子が満身創痍で辻監督「ケガ人だらけだよ」

結果が出ない焦りが、新たなケガ人を生んでしまうのか。5位低迷中の西武は24日、本拠地メットライフドームで2-12の大敗を喫し、浮上をかけて臨んだ4位・日本ハムとの3連戦に1勝2敗で負け越した。辻発彦監督は試合後、思わず「ケガ人だらけだよ」と嘆いた。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

山川はフルスイングした際に尻もち、辻監督「また右足首を痛そうにしていた」

 結果が出ない焦りが、新たなケガ人を生んでしまうのか。5位低迷中の西武は24日、本拠地メットライフドームで2-12の大敗を喫し、浮上をかけて臨んだ4位・日本ハムとの3連戦に1勝2敗で負け越した。辻発彦監督は試合後、思わず「ケガ人だらけだよ」と嘆いた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 惨敗に追い打ちをかけるようなシーンだった。西武は9回、1死走者なしで打席に入った山川が、日本ハム・金子の3球目の147キロ速球をフルスイングで空振りした際、バランスを崩して尻もちをついた。そのまま打席に立ち、結局6球目を空振りし三振に倒れたが、指揮官は「また右足首を痛そうにしていた」と不安を隠せなかった。

 山川は8月9日のオリックス戦で、やはり空振りした際に同じ右足首を痛め、登録抹消にこそ至らなかったものの、3試合スタメンから外れた。ケガの影響もあってか、ここにきて打撃不振に陥り、前日23日の同カードでスタメン落ち。この日は、定位置の4番ではなく、6番で先発復帰していた。

 一方、抜群の守備力を誇る中堅手・金子も5回の守備で、ダイビングキャッチを試みた際に左膝を強打。無情にも打球をはじいて三塁打にした上、そのまま交代した。病院には行かずアイシング治療を施したが、翌日以降の状態は予断を許さない。この日の3回の攻撃では、中前打を放った後に二盗を決め、3試合連続盗塁をマークするなど打線の中で機能していただけに、プレーに影響するようなら、これもチームにとって痛恨だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」