野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、リーグトップ8勝目の権利持ち降板 防御率2位2.01&奪三振3位93でCY賞争い

ダルビッシュ、リーグトップ8勝目の権利持ち降板 防御率2位2.01&奪三振3位93でCY賞争い

カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、リーグ単独トップの8勝目をかけて敵地のホワイトソックス戦で先発登板した。日本人初のサイ・ヤング賞をかけた今季最終登板。7回5奪三振、3安打無失点と好投し、勝利投手の権利を持って降板した。防御率2.01はリーグ2位、93奪三振はリーグ3位となった。

敵地でのWソックス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地でのWソックス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回5奪三振1四球3安打無失点で防御率2.01、打線は9点の大量援護

■Wソックス – カブス(日本時間26日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、リーグ単独トップの8勝目をかけて敵地のホワイトソックス戦で先発登板した。日本人初のサイ・ヤング賞をかけた今季最終登板。7回5奪三振、3安打無失点と好投し、勝利投手の権利を持って降板した。防御率2.01はリーグ2位、93奪三振はリーグ3位となった。

 気合満点の投球だ。初回は先頭・アンダーソンに右前打を許したが、無失点に抑える順調な立ち上がり。2回は3者凡退に抑えた。3回、先頭・エンゲルの中越え二塁打などで招いた2死三塁ではモンカダを3球で見逃し三振。4回もグランダルの四球で先頭打者を出したものの、エンカーナシオンを見逃し三振に仕留めるなど3人で斬った。3イニング連続で先頭打者を出した5回も痛打を許さなかった。

 6、7回は3者凡退に抑えた。7回94球(ストライク64球)を投げ、5奪三振1四球、3安打無失点と好投。2試合ぶり今季10度目のクオリティスタートを達成した。打線は一発攻勢で8回表まで9点のリード。サイ・ヤング賞を争うレッズ・バウアーは5勝4敗だが、防御率1.73、100奪三振でリーグ2冠。今季の最終登板を気迫満点の投球で締めくくった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」