野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「人が変わったように成長」 西武辻監督を唸らせる160キロ右腕が新人王へ驀進

今季パ・リーグ新人王の有力候補である西武の最速160キロ右腕、平良海馬投手は25日、本拠地メットライフドームで楽天戦の8回に登板し、2四球を与えたものの無安打無失点。9月4日の日本ハム戦以降、8試合(8イニング)連続無安打に抑えている。今季開幕から10試合9回2/3を無安打無失点に抑え、被安打0のまま27個を超えるアウトを取ったことから“ノーヒットノーラン達成”と話題になった男が、再び調子を上げてきた。

西武・平良海馬【写真:宮脇広久】
西武・平良海馬【写真:宮脇広久】

25日の楽天戦では2四球も無安打無失点、ここまで8試合8イニング連続無安打

■西武 5-4 楽天(25日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今季パ・リーグ新人王の有力候補である西武の最速160キロ右腕、平良海馬投手は25日、本拠地メットライフドームで楽天戦の8回に登板し、2四球を与えたものの無安打無失点。9月4日の日本ハム戦以降、8試合(8イニング)連続無安打に抑えている。今季開幕から10試合9回2/3を無安打無失点に抑え、被安打0のまま27個を超えるアウトを取ったことから“ノーヒットノーラン達成”と話題になった男が、再び調子を上げてきた。

 最近は8回に登板し守護神・増田につなぐセットアッパーの役割が定着。この日は1点リードで登場し、先頭の茂木への四球と送りバントで1死二塁のピンチを背負った。ロメロにはファウルで粘られた挙句、10球目のスライダーが暴投に。ボールが一塁ベンチ前まで転がる間に、二塁走者の茂木が一気に同点のホームを狙ったが、ベースカバーに入った平良は捕手・森からの送球を受けてタッチアウト。薄氷を踏む思いで無安打無失点を継続した。身長173センチ、体重100キロの巨体だが、辻監督が「うまくタッチしたね」と評したように、身のこなしは意外に軽快で、フィールディングもそつがない。

 今季は10試合目の登板だった7月17日・楽天戦まで1本もヒットを許さず、2日後の19日の同カードでは自己最速を更新する160キロを計測した。この試合で浅村に今季初被安打の適時打を浴び、さらに内田に満塁本塁打を被弾して華々しく失点。夏場も失点するシーンがやや目立ったが、9月の声を聞いてから再び上昇気流に乗っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」