野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAが「バーチャルハマスタ」第2弾実施 新コンテンツを追加して再び登場

DeNAが提案する新たな応援方式「バーチャルハマスタ」第2弾が、29日のヤクルト戦で実施されることになった。KDDIとタッグを組んで進める少し未来の応援のカタチが、新たなコンテンツを加えて再び登場する。

DeNAは「バーチャルハマスタ」第2弾を実施【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
DeNAは「バーチャルハマスタ」第2弾を実施【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

KDDIと取り組む新たな応援方式を29日ヤクルト戦で実施

 DeNAが提案する新たな応援方式「バーチャルハマスタ」第2弾が、29日のヤクルト戦で実施されることになった。KDDIとタッグを組んで進める少し未来の応援のカタチが、新たなコンテンツを加えて再び登場する。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

「バーチャルハマスタ」とは、最先端テクノロジーを活用してバーチャル空間上に作った、もう1つの「横浜スタジアム」を舞台に、自宅や球場外からスマートフォンやパソコン、VRデバイスなどを使って“来場”したファンと楽しむ新たな応援方式だ。観戦者はオリジナルのアバターで「バーチャルハマスタ」内を自由に動き回りながら、同じく来場した多くのファンと一緒に応援やコミュニケーションを楽しめる。「バーチャルハマスタ」内のスクリーンで実況解説つきで試合中継を観られるほか、自宅にいながら実際のハマスタの雰囲気を味わえたり、オリジナルの機能やコンテンツも堪能できる。

 8月11日に実施された第1弾を受け、今回は新たな機能やコンテンツを追加。進化した第2弾では、実際の球場でバックネット裏に設置したカメラから撮影した決定的瞬間を自由視点のリプレーとして楽しめる機能が加わり、出塁した走者が可視化されたりDeNAの好機を盛り上げる演出がアップデートされるなどした。さらに、有料コンテンツとして、バーチャルハマスタ内でオリジナルTシャツが購入できたり(商品は後日配送)、アバターのカスタマイズ、特別映像やゲスト解説が楽しめる「バーチャルNISSAN STAR SUITES」などが加わる。

 イベントの詳細は、球団公式ホームページまで。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」