野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダル、前田、筒香が地区V、日本人6選手がプレーオフ進出…レギュラーシーズン終了

ダル、前田、筒香が地区V、日本人6選手がプレーオフ進出…レギュラーシーズン終了

メジャーリーグは28日(日本時間29日)、今季のレギュラーシーズン最終戦が行われ、全順位が確定してプレーオフに進出する16チームが決まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れ、60試合制で実施されたこれまでに例のないシーズンは、紆余曲折がありながら、シーズンが終わった。

カブス・ダルビッシュ有、レイズ・筒香嘉智、ツインズ・前田健太(左から)【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有、レイズ・筒香嘉智、ツインズ・前田健太(左から)【写真:AP】

ダルビッシュは日本人初の最多勝が決定、サイ・ヤング賞の可能性も

 メジャーリーグは28日(日本時間29日)、今季のレギュラーシーズン最終戦が行われ、全順位が確定してプレーオフに進出する16チームが決まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れ、60試合制で実施されたこれまでに例のないシーズンは、紆余曲折がありながら、シーズンが終わった。

【写真】「なんて男だ!」…ダルビッシュが魅せた男気! 高級ステーキを同僚だけでなく相手チームにもふるまう!

 今季は日本人選手9人がメジャーリーグの舞台でプレーし、そのうち6人がプレーオフ進出を決めた。日本人6人のプレーオフ進出は松坂大輔、田口壮、岩村明憲、黒田博樹、斎藤隆、岡島秀樹、福留孝介の7人が進んだ2008年以来の多さ。地区優勝を果たしたのがダルビッシュ有投手が在籍するカブス、前田健太投手のツインズ、筒香嘉智外野手のレイズだ。

 ダルビッシュはメジャートップタイの8勝(3敗)をマークし、日本人初となる最多勝が確定。防御率2.01はメジャー4位(リーグ2位)、93奪三振はメジャー7位タイ(リーグ4位)と各部門でメジャーでも上位に位置しており、日本人初のサイ・ヤング賞受賞の可能性も浮上している。カブスは34勝26敗でナ・リーグ中地区を制し、プレーオフ第1ラウンドのワイルドカードシリーズはマーリンズとの対戦が決まった。

 今季ドジャースからツインズにトレードで移籍した前田はメジャー7位タイの6勝(1敗)をあげて、ツインズ投手陣の柱として活躍。8月18日(同19日)のブルワーズ戦では快挙こそ逃したが、8回までノーヒットに封じる快投を見せた。1イニング当たりに出す走者の数を表す指標であるWHIP0.75はメジャートップだった。36勝24敗でア・リーグ中地区1位となったツインズはワイルドカードシリーズでアストロズと対戦する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」