野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「アリスレーザー!」 ロッテ、マーティンの正確無比な“鬼肩補殺”に球場どよめき

ロッテのレオネス・マーティン外野手が29日、敵地での日本ハム戦に「3番・右翼」でスタメン出場。初回に3点を先制した直後の守備で圧巻のレーザービームを披露した。

ロッテのマーティンが強肩を披露【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテのマーティンが強肩を披露【画像:パーソル パ・リーグTV】

初回1死二、三塁の場面でマーティンが三走・平沼を刺すドンピシャ送球

■日本ハム – ロッテ(29日・札幌ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテのレオネス・マーティン外野手が29日、敵地での日本ハム戦に「3番・右翼」でスタメン出場。初回に3点を先制した直後の守備で圧巻のレーザービームを披露した。

 首位ソフトバンクを1ゲーム差で追うロッテは初回に角中、安田のタイムリーなどで3点を先制。だが、その裏に先発・石川が1死二、三塁のピンチを背負うと中田が放った打球は右翼への飛球となった。

 三走・平沼がタッチアップでスタートを切ったが、そこに立ちふさがったのはマーティンの“鬼肩”だった。定位置よりやや浅めの位置で捕球すると本塁へ矢のようなドンピシャ送球を見せアウトを奪った。

 圧巻の送球を「パーソル パ・リーグTV」も「“マーティンの肩”を甘く見てはいけない」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「アリスレーザー」「球界トップクラス」「アリス強肩すぎる!」「正確性が12球団トップ」と大絶賛だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」