野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA梶谷が月間41安打の球団タイ記録 逆方向への打撃を指揮官絶賛「1つ上のレベルに」

DeNAは29日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦を8-4で勝利した。今季ノーヒットノーランを喫するなど、1勝3敗と相性の悪いヤクルト先発の小川を攻略したのは、9月絶好調の梶谷のバットだった。

DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸【写真:荒川祐史】

9月に入って3度目の1試合4安打で月間41安打、90年パチョレック、96年佐伯貴弘の球団記録に並んだ

■DeNA 8-4 ヤクルト(29日・横浜)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 DeNAは29日、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦を8-4で勝利した。今季ノーヒットノーランを喫するなど、1勝3敗と相性の悪いヤクルト先発の小川を攻略したのは、9月絶好調の梶谷のバットだった。

 2点を先制された初回の第1打席は、カウント1-2と追い込まれながらも、逆方向に安打を放って佐野の逆転弾のきっかけを作った。3回の第2打席も先頭打者として俊足を生かしての内野安打で出塁し、追加点となるホームを踏んだ。1点差に追い上げられた直後の4回には、レフトスタンドへソロ本塁打を放ってヤクルトを突き放した。6回の第4打席も二塁打を放ち、三塁打が出ればサイクル安打の8回の打席は見逃し三振に倒れたが、4安打1打点3得点の大暴れ。ラミレス監督は「アンビリーバブルな活躍」と喜んだ。

 9月に入って3度目の1試合4安打、1試合3安打以上の猛打賞は7度目と絶好調の梶谷は、試合前まで9月月間37安打を記録し、球団記録まであと4本としていた。9月は残り2試合の状態で、1試合を残して球団記録に並んだ梶谷は「正直、記録のことは知らなかったが、近づいてからはまずは40本を目標にしていた。球団の記録まで到達できて嬉しい」と話した。

 これまでの球団記録は、90年パチョレックと96年佐伯貴弘の月間41安打だったが、梶谷は「尊敬する佐伯さんと肩を並べることができたのは素晴らしいこと」と共にプレーした経験もある先輩の名前を挙げ、「人間として素晴らしいのはもちろん、何よりも練習に対する取り組み方。コツコツと自分のやるべきことを必死にやっていた。あんな人と同じ記録を作ることができたのは嬉しいこと」と思い出を語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」