野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神大山は「責任を果たせる打者」 バース以来の本塁打王に必要な“確実性”とは?

阪神は29日、本拠地での中日戦に7-3で勝利した。試合は中盤まで取りつ取られつのシーソーゲームとなったが、5回に糸井嘉男外野手が勝ち越しとなる2号2ランを放つと、6回に大山悠輔内野手がバックスクリーンへ22号ソロ。低い弾道で刺さるようなライナー弾で、セ・リーグ最多本塁打の巨人・岡本和真内野手に1本差に迫った。

阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史】

今季は大きく成長も、元阪神エース藪恵壹氏は愛ある辛口エール「まだまだですよ」

■阪神 7-3 中日(29日・甲子園)

 阪神は29日、本拠地での中日戦に7-3で勝利した。試合は中盤まで取りつ取られつのシーソーゲームとなったが、5回に糸井嘉男外野手が勝ち越しとなる2号2ランを放つと、6回に大山悠輔内野手がバックスクリーンへ22号ソロ。低い弾道で刺さるようなライナー弾で、セ・リーグ最多本塁打の巨人・岡本和真内野手に1本差に迫った。

 大山が本塁打王に輝けば、阪神では伝説の助っ人、ランディ・バース(1985年、86年)以来の快挙となる。今季、飛躍的な成長を遂げている和製大砲に「遠くへ飛ばす能力はある選手」と期待を寄せるのが、元阪神エースでメジャーの藪恵壹氏だ。

 今季開幕前から「阪神は大山選手と高山(俊)選手を使って育てないと強くならない」と言い続けてきた藪氏。白鴎大から2016年ドラフト1位で入団した大山は「阪神の4番という期待に応え、責任を果たせる打者」と高く評価する。

「当然、4番になるべき打者という位置づけで獲った選手です。期待の右の大砲。まだ淡泊に見える打席もあるけれど、今年は積極的にファーストストライクを打っていく姿勢を続けてきました。それは継続していい姿勢。この日の第4打席も思いきりの良さがあったから、ライトへの二塁打になりました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」