野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、首位独走の巨人との差はどこにあるのか? 球団OB辛口指摘「守備力の差と…」

29日から13連戦に突入した阪神は、同日に本拠地・甲子園で行われた中日戦に7-3で勝利した。これで今季、甲子園での中日戦は7戦7勝と負けなし。セ・リーグ首位の巨人も勝ったため12.5ゲーム差から縮まらなかったが、大逆転優勝を実現させるには1敗も惜しまれる阪神は、13連戦勝ち越しに向けて好スタートを切った。

阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】
阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】

元阪神エースの藪恵壹氏が分析「原監督と矢野監督の勝負勘の差もある」

■阪神 7-3 中日(29日・甲子園)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 29日から13連戦に突入した阪神は、同日に本拠地・甲子園で行われた中日戦に7-3で勝利した。これで今季、甲子園での中日戦は7戦7勝と負けなし。セ・リーグ首位の巨人も勝ったため12.5ゲーム差から縮まらなかったが、大逆転優勝を実現させるには1敗も惜しまれる阪神は、13連戦勝ち越しに向けて好スタートを切った。

 元阪神エースでメジャー右腕の藪恵壹氏は、12.5ゲームも開いてしまった巨人と阪神の差は「守備力の差」だと指摘する。9月28日終了時点で、巨人のチーム失策は22個だが、阪神はその2倍以上の59失策を記録している。この日も2回に逆転を許した場面には失策が絡んだ。

「もう1つ、8回に守備固めで二塁に入った植田(海)選手がゴロを慎重に処理しすぎてゲッツーに仕留められない場面がありました。記録はエラーにはならないけれど、ああいう小さな積み重ねが大きな差を生んでしまいます」

 さらに、藪氏が2チームの差として指摘するのが「4番打者を固定していないこと」と「原辰徳監督と矢野燿大監督の勝負勘」だ。

「巨人は岡本和真選手に4番を任せていますが、阪神は大山(悠輔)選手やサンズ、ボーアなどを代わる代わる起用して、しっかり固定しきれていません。選手起用を見ても、阪神はコマはいても起用方法がなかなか当たらない。原監督と矢野監督の勝負勘の差が出ていますね。試合の中で攻める場面、引く場面といった押し引き、勝負に出るべき所を原監督は分かっていますね。これは経験の差も関係してくるでしょう」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」