DeNAラミレス監督、強攻策実らず 上茶谷を打席に立たせ併殺打→3回5失点で降板

DeNAの上茶谷大河【写真:荒川祐史】
DeNAの上茶谷大河【写真:荒川祐史】

3回無死一塁で上茶谷は打席に入り併殺打→4回のマウンドには三上が上がる

■DeNA – ヤクルト(30日・横浜)

 DeNAの上茶谷大河投手が30日、本拠地でのヤクルト戦に先発し3回4安打5失点で降板した。3回に村上に3ランを浴びるなど序盤で大量失点を喫した。

 初回に先頭の山崎に四球を許すと1死三塁から山田哲に右犠飛を浴び1点を許すと、3回は1死一、三塁から山田哲に中前適時打、続く村上に左翼席へ3ランを浴びこの回4失点を喫した。

 3回の攻撃では先頭の倉本が左前打で出塁すると上茶谷は打席に入り投ゴロ併殺。ラミレス監督の強攻策も実らず。その後、上茶谷は4回のマウンドに上がらず3回5失点で降板となった。4回からは三上がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY