前田健太「成長感じた。充実した1年」PO連敗終戦も今季6勝&防御率2.70に自信

ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

「一番最初に負けてしまったのは悔しい気持ちですね」

■アストロズ 3-1 ツインズ(WCシリーズ・日本時間1日・ミネソタ)

 前田健太投手が所属するツインズは9月30日(日本時間1日)、本拠地で行われたアストロズとのワイルドカードシリーズ第2戦で1-3で敗れて2連敗。地区シリーズ進出を逃した。ポストシーズンは18連敗となり、北米4大スポーツワースト記録を更新した。前田は「やっぱりポストシーズンは勝ち進んでいくものと信じてチームとして戦っている。一番最初に負けてしまったのは悔しい気持ちですね」と肩を落とした。

 前田は29日(同30日)の第1戦で先発。5回2安打無失点に抑えたが、チームは逆転負け。この日も投打が噛み合わずに2連敗して終戦となった。「みんな悔しい気持ちというか悲しい気持ちというか。もちろん勝ち進んでいくことを望んでいたチームだったと思うので。悔しい気持ちをみんな持っていると思います」。

 昨オフにドジャースからトレード移籍した今季は6勝1敗、防御率2.70。エース級の活躍を見せてチームを牽引した。「1年間通して先発を任せてもらって、すごく僕にとっては、いい1年になりましたし、成長を感じることができた1年でした。あとはポストシーズンも久しぶりに先発することができて、第1戦という大事な試合を任せてもらって。そういう意味では充実した1年でした。負けてしまったことに関しては、すごく悔しいですけど、内容的には僕にとっては自信になる1年になった」と振り返った。

 来季へ向けては「さらに成長していきたいと思いますし、今年のままでは来年同じ結果を残せないと思うので。今年はいいものを出せたと思いますけど、さらに来年もっともっといろんなことにチャレンジしながら成長できる1年にしたいと思います。トレードで来てすごく温かく迎えてもらって、このチームのために何とか貢献して、ワールドチャンピオンになれるように力になれるように自分自身成長していきたいなと思います」と前を向いていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY