野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、5回途中6失点でPO6勝目ならず ウルシェラ満塁弾で逆転も…

田中将大、5回途中6失点でPO6勝目ならず ウルシェラ満塁弾で逆転も…

ヤンキースの田中将大投手は9月30日(日本時間10月1日)、敵地で行われたインディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発した。初回にいきなり4点を失った後は立ち直ったものの、5回途中でマウンドを降りた。

ワイルドカードシリーズでの敵地インディアンス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ワイルドカードシリーズでの敵地インディアンス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

ヘルナンデス、ラミレスに連続二塁打を浴びていきなり失点

■インディアンス – ヤンキース(WCシリーズ・日本時間1日・クリーブランド)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は9月30日(日本時間10月1日)、敵地で行われたインディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発した。初回にいきなり4点を失った後は立ち直ったものの、5回途中でマウンドを降りた。

 天候不良の影響で40分ほど遅れて始まったこの試合。初回ヤンキースの攻撃が無得点に終わると、その裏、田中が先制点を奪われた。風雨の中で先頭のリンドーアを二ゴロに打ち取ったが、1死からヘルナンデス、ラミレスに連続二塁打を許して失点。その直後、強まった雨の影響で試合が中断となった。

 33分間の中断を経て、1死二塁の状況で再開されると、サンタナを右飛に打ち取って2死としたが、レイエスに四球を与え、ネイラーに2点適時二塁打、ペレスにも左前適時打を許して初回に4点を失う波乱の立ち上がりとなった。

 それでも田中は2回以降立ち直って好投。2回は2つの三振を奪って3者凡退に抑えると、3回も四球こそ与えたものの、無失点に封じた。すると、3点差の4回にウルシェラが満塁本塁打を放って逆転に成功した。

 田中は5回もマウンドに上がったが、先頭のリンドーアに二塁打、続くヘルナンデスに四球を与え、無死一、二塁となったところで降板となった。あとを受けたグリーンがラミレスに2点適時二塁打を浴びて同点に。田中は4回0/3を投げて5安打6失点となった。

 ヤンキースは第1戦で大勝しており、この試合に勝てば、地区シリーズ進出が決まる。田中は2017年からポストシーズン3年連続で勝利を挙げており、通算で日本人トップのポストシーズン5勝をマークしていたが、通算6勝目はならなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」