野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、5回途中6失点降板も指揮官は“プロ”と評価「厳しい状況で立て直した」

田中将大、5回途中6失点降板も指揮官は“プロ”と評価「厳しい状況で立て直した」

ヤンキースの田中将大投手は9月30日(日本時間10月1日)、敵地で行われたインディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発した。初回にいきなり4点を失って5回途中6失点で降板したものの、チームは9回に試合をひっくり返して逆転勝ちし、2連勝で地区シリーズ進出を決めた。試合時間は4時間50分。中断時間1時間16分を含めると、6時間超えの死闘だった。

ワイルドカードシリーズでの敵地インディアンス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】
ワイルドカードシリーズでの敵地インディアンス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

2回から3イニングは無安打無失点「コンディションも悪く厳しい状況だったが…」

■ヤンキース 10-9 インディアンス(WCシリーズ・日本時間1日・クリーブランド)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は9月30日(日本時間10月1日)、敵地で行われたインディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦に先発した。初回にいきなり4点を失って5回途中6失点で降板したものの、チームは9回に試合をひっくり返して逆転勝ちし、2連勝で地区シリーズ進出を決めた。試合時間は4時間50分。中断時間1時間16分を含めると、6時間超えの死闘だった。

 初回に雨天中断をはさみ4安打を浴び4失点するなど5回途中5安打6失点で降板。勝敗はつかなかった。それでも2回からの3イニングを1四球無安打無失点。試合を作り直し、一時逆転の流れを作った。ブーン監督は「フラストレーションの溜まるものだった。あのようなコンディションの中で登板しないといけなかったマサもそうだろう。できれば避けたいことだった。マサは感銘を与えるものだった。初回はコンディションも悪く厳しい状況だったが、立て直して、試合を作ってくれた。彼のプロフェッショナリズムを表す登板だった」と評価した。

 チームは1点差の9回にサンチェスの犠飛、ルメイヒューの適時打で再び逆転。守護神チャップマンが2イニングを無失点に抑え、ワイルドカードシリーズを突破した。4年連続の地区シリーズでは筒香嘉智外野手が所属するレイズと激突する。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」