野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 秋山翔吾
  • 秋山翔吾、PO5打席凡退で無念終戦 一問一答「力不足」「必要だと思わせる選手に」

秋山翔吾、PO5打席凡退で無念終戦 一問一答「力不足」「必要だと思わせる選手に」

レッズの秋山翔吾外野手は1日(日本時間2日)、敵地で行われたブレーブスとのワイルドカードシリーズ第2戦で「1番・左翼」で先発出場したが、4打数無安打と終わった。チームは0-5で2試合連続で完封負けし、ポストシーズン敗退が決まった。

レッズ・秋山翔吾【写真:AP】
レッズ・秋山翔吾【写真:AP】

レギュラーシーズンは打率.245、ポストシーズンでは5打数無安打でメジャー1年目を終えた

■ブレーブス 5-0 レッズ(WCシリーズ・日本時間2日・アトランタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 レッズの秋山翔吾外野手は1日(日本時間2日)、敵地で行われたブレーブスとのワイルドカードシリーズ第2戦で「1番・左翼」で先発出場したが、4打数無安打と終わった。チームは0-5で2試合連続で完封負けし、ポストシーズン敗退が決まった。

 初回先頭で左飛、3回先頭で右飛に打ち取られると、5回2死一塁は空振り三振に倒れた。8回2死では元日ハムのマーティンと対戦。内角のスライダーにバットを折られてニゴロだった。チームは第1戦で延長13回で0-1でサヨナラ負け。22イニング連続無得点はポストシーズンワースト記録となった。

 レギュラーシーズンでは54試合出場し、打率.245、0本塁打、9打点、7盗塁。打率9月に打率.317と状態を上げたが、対左腕の打率.190。左投手が先発した試合ではスタメンを外れる試合が多かった。この日の会見では来季への課題も口にした。

――前日は延長戦で完封負け。今日の試合を振り返って。
「今日の試合は切り替えて入っていたと思う。1番で出ていたので何とか得点するチャンスを作りたかったですけどね」

――メジャー1年目のシーズンが終わった。
「やっぱり負けて終わるのは悔しい。大半のチームは負けて終わるんでしょうけど、まだまだ。投手は勝てるチャンスを残してくれていた。野手が点を取って勝てなかった試合ではなくて、投手が頑張っていて勝てなかった。野手として出ていた以上は力不足を感じるし、シーズンを通して納得できるものではなかった。プレーオフを経験して、さらに他地区の投手、打者を見れたのは大きかったと思う。監督が『負けて終わるからこそ、ポストシーズンで勝ち進む喜びがあるんだ』と言っていたのが僕の中で響いたところがあった。勝って喜び続けられるようなチーム、選手でありたいなと思いました」

――ポストシーズンは初めて。大舞台の緊張感や相手投手のレベルはどう感じたか。
「今回はずっと勝ちパターンのようにもっていかれた。それはいい投手としか当たらない。試合に勝たないと意味がないのは分かっているが、その中でお客さんがいることと、ホーム、ビジターの感じがあるんだなと思いますね。1年間ファンがいない中でやってきて、今回は家族や関係者がいたんですけど、ヒットを打つ、アウトを取るのに対して、生のリアクションがあった。来年は長いシーズンに戻ると期待していますし、ホームの心強さ、ビジターの劣勢感の中でプレーするというのも、もっと大きな励みになり、自分のプレーを戒める。しっかりやらないといけない気持ちを持たせてくれるのは、やっぱりファンの視線や歓声。その中で長いシーズンをやるのは別物に感じるのではないかと感じた。(ポストシーズンは)本当に少人数だったんですけど、拍手やため息を感じながら来年はやるんだなと、ここに来て感じました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」