野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

屈指のタレント揃いも“チーム内戦力差”露見 データが示す日本ハムの苦戦

出塁率1位の近藤健介、本塁打と打点でリーグトップを争う中田翔、先発の軸に有原航平、上沢直之とリーグでも屈指のタレントがいながら、チームとしてなかなか波に乗れない日本ハム。そんな日本ハムのペナントレース前半戦の得点と失点の「移動平均」から、チームがどの時期にどのような波だったかを検証する。

日本ハム・栗山秀樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山秀樹監督【写真:荒川祐史】

近藤や中田、有原ら球界でも指折りの選手を抱える日本ハムだが…

 出塁率1位の近藤健介、本塁打と打点でリーグトップを争う中田翔、先発の軸に有原航平、上沢直之とリーグでも屈指のタレントがいながら、チームとしてなかなか波に乗れない日本ハム。そんな日本ハムのペナントレース前半戦の得点と失点の「移動平均」から、チームがどの時期にどのような波だったかを検証する。(数字、成績は10月1日現在)

【動画】パTVも思わず「完全覚醒の時来たり」と断言! ハム清宮の完璧すぎるアーチの実際映像

「移動平均」とは大きく変動する時系列データの大まかな傾向を読み取るための統計指標。グラフでは9試合ごとの得点と失点の移動平均の推移を折れ線で示し、

「得点>失点」の期間はレッドゾーン
「失点>得点」の期間はブルーゾーン

で表している。

日本ハムの得失点推移【図表:鳥越規央】
日本ハムの得失点推移【図表:鳥越規央】

 開幕カードの西武戦では2勝1敗と勝ち越したものの、その後の同一カード6連戦で5カード連続で勝ち越しなしと波に乗り切れない状況が続いた。勝つ時は僅差、負ける時は大差という戦いぶりが大きなブルーゾーンに反映されている。

 その後も大きな貯金が作れず、勝率5割ラインを波打つように這っている。カード別で見ると10月1日現在、西武には12勝6敗と勝ち越しているが、ソフトバンクに6勝11敗、ロッテに8勝12敗と負け越し、貯金と借金がほぼ相殺されている状況。また、楽天、オリックスには勝率ほぼ5割となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」