野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、10月負けなし4連勝 周東1号に指揮官びっくり「あそこでホームランがあるとは…」

ソフトバンクは4日、本拠地PayPayドームでの日本ハム戦に8-4で勝利し、カード3連勝を飾った。初回に4点を先制。一時は1点差に迫られたが、周東佑京内野手の今季1号となる3ランで突き放した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

周東は足でも存在感、30盗塁目に工藤監督「あれだけ警戒された中で走れるのはすごい」

■ソフトバンク 8-4 日本ハム(4日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは4日、本拠地PayPayドームでの日本ハム戦に8-4で勝利し、カード3連勝を飾った。初回に4点を先制。一時は1点差に迫られたが、周東佑京内野手の今季1号となる3ランで突き放した。

 日本ハムの先発・河野の乱調に付け込んで4点を奪った初回を「いい攻撃ができた」と振り返った工藤公康監督。その後、6回に1点差にされた直後に飛び出した周東の3ランが試合を決定づけた。

「あそこでホームランがあるとは思っていませんでした。繋いでくれたらなと思っていたんですけど……」と、指揮官もびっくりの今季1号。直前に1点差に迫られた展開で「ちょっと嫌な雰囲気もあった」という中で「チームを救う一打だったと思います」と絶賛した。

 5打数3安打に加え、盗塁も決めて盗塁数は両リーグトップの30に到達。「あれだけ警戒された中で走れるのはすごいと思います」と工藤監督は唸る。

 また初回の2点打、3回の本塁打で3打点を挙げた栗原陵矢捕手の活躍には「1点取った後の2点タイムリーは大きかったし、そこからの押し出しにもつながったと思います。2試合欠場した悔しさもあったでしょうし、自分がやるんだという気持ちも再認識できたと思います」と話した。

 先発の和田を5回で降板させたことについては「調子はいいように見えましたが、初回から飛ばしていたので今日は100球くらいかなと思っていました」と説明。その後の継投策については「今日は森君を休ませるつもりだったので、どこで松本君を使おうかとかいろいろ考えながら……。そんなに苦労はしなかったです。みんないい仕事をしてくれました」とリリーフ陣の仕事ぶりに納得の表情を見せた。

 10月に入って同一カード3連勝を含む負けなしの4連勝。「目の前のカードに勝ち越すためには頭(初戦)を取ることが大事。次の西武戦もしっかりと頭を取れるように頑張ります」と、早くも次のカードに向けて気持ちを切り替えていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」