野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2試合欠場で鷹・栗原が取り戻した「ワクワク」 変化の裏に打撃職人からのアドバイス

ソフトバンクの栗原陵矢捕手が4日、本拠地での日本ハム戦で13号ソロを含む2安打3打点の活躍を見せた。9月26日に今季85試合目にして初のスタメン落ちを経験し2試合続けて欠場したが、スタメンに復帰してからは開幕直後のような勝負強さを取り戻しつつある。

初回に2点タイムリーを放ったソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
初回に2点タイムリーを放ったソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

4日の日本ハム戦で13号ソロを含む2安打3打点「塁に出ようとした意識がいい結果に」

■ソフトバンク 8-4 日本ハム(4日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が4日、本拠地での日本ハム戦で13号ソロを含む2安打3打点の活躍を見せた。9月26日に今季85試合目にして初のスタメン落ちを経験し2試合続けて欠場したが、スタメンに復帰してからは開幕直後のような勝負強さを取り戻しつつある。

 この日の初回、2死から松田宣浩の適時二塁打で先制した直後だった。なおも2死二・三塁のチャンスで、打席に入った栗原は初球から積極的にバットを振り抜き、右翼への2点タイムリーに。さらに3回裏には日本ハムの3番手・村田からライトへの13号ソロを放ってみせた。

「初回は追加点を取れて良かったです。ホームランは本当に狙っていたわけではないですし、何とか塁に出ようとした意識がいい結果に繋がってくれたと思います」

 開幕から走り続けてきたが、9月に味わった初のスタメン落ちと2試合欠場。「悔しかったですし、試合に出たいと思いました」。29日の楽天戦からスタメンに復帰すると、4日の日本ハム戦までの2カード6試合で、21打数7安打、2本塁打、8打点と再び奮起している。

「自分の実力不足で外されたわけですし、その中で広く視野を持ちながら『もう一回やってやるぞ』という気持ちになったので、いい結果になっているのはうれしいです。(スタメン復帰試合の)結果に関してはおまけかなと思いますけど、試合前にスタメンと聞いた時にすごくワクワクした気持ちがあって『よし、やってやるぞ』と自分の中でも(試合に)入り込めたかなと思います」

 そのワクワクした気持ちを持続できていることが、ここ2カードの好成績にも繋がっているという栗原。開幕から6連戦が続く戦いにも「身体の疲れは、あまりわからないですけど、今年は『試合に出たい』という気持ちで始まったシーズンなので、試合に出ることが意味のあることだと思っています」と、出場への貪欲な思いが身体の疲れを上回っていることを明かした。

 工藤公康監督も「自分を見つめ直す時間ができたことがいい結果に繋がったと思いますし、何よりも本人が悔しかったと思うんで、その悔しさがバネになったようにも思います」と、2試合の欠場が“いい栄養”になったと語る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」