野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

24本塁打で並ぶ巨人・岡本和真と阪神・大山悠輔 キングへ有利なのは大山!?

セ・リーグの本塁打王争いが面白い。5日に甲子園で行われた巨人と阪神の伝統の一戦。阪神の主砲・大山悠輔内野手が巨人先発の桜井から中堅バックスクリーンへ飛び込む特大の24号2ランを放った。これで巨人の岡本和真内野手に並びキングトップタイに立った。

巨人・岡本和真(左)と阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史、津高良和】
巨人・岡本和真(左)と阪神・大山悠輔【写真:荒川祐史、津高良和】

岡本の15.5打席に1本に対し、大山は14.3打席に1本のペース

 セ・リーグの本塁打王争いが面白い。5日に甲子園で行われた巨人と阪神の伝統の一戦。阪神の主砲・大山悠輔内野手が巨人先発の桜井から中堅バックスクリーンへ飛び込む特大の24号2ランを放った。これで巨人の岡本和真内野手に並びキングトップタイに立った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 岡本と大山という巨人と阪神の主砲2人によるキング争い。残り30試合を切った段階で2人がともに24本塁打となり、争いは激しさを増す一方となっている。では、果たして、本塁打王争いに“有利”なのは、岡本と大山どちらだろうか?

 岡本はここまで88試合に全て4番として出場し、374打席で24本塁打を放っている。一方の大山はここまで岡本よりも1試合少ない87試合の出場。だが、開幕スタメンから外れるなど序盤はベンチスタートの試合が多く、ここまで345打席と、岡本よりも30打席近く少ない。岡本が15.5打席で1本塁打を放つペースに対し、大山は14.3打席に1本とペースは大山の方が上となっている。

 また、岡本が6月から月間で5本、8本、5本、6本と本塁打を放ってきているのに対して、大山は6月は0本塁打。7月に今季初本塁打を放ってから8本と量産すると、8月は5本、そして9月は9本塁打と状態を上げてきている。すでに10月も2本目で、9月から続く量産体制はまだ継続している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」