野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

目を引く巨人岡本、DeNA梶谷、中日大野雄…セイバーで見る9月のセ月間MVPは?

シーズンも終盤戦へと突入している2020年のプロ野球。セ・リーグでは巨人が首位を独走しており、他5球団が包囲網をかけて追随すべきはずが、返り討ちにあい、巨人には9月15日に優勝へのマジックナンバー38が点灯した。現在はそれは17まで減り、2位阪神との差は13.5ゲーム差まで広がっている。

巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】

他球団を引き離す巨人、安定感を誇る中日と阪神の救援陣

 シーズンも終盤戦へと突入している2020年のプロ野球。セ・リーグでは巨人が首位を独走しており、他5球団が包囲網をかけて追随すべきはずが、返り討ちにあい、巨人には9月15日に優勝へのマジックナンバー38が点灯した。現在はそれは17まで減り、2位阪神との差は13.5ゲーム差まで広がっている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 そのセ・リーグの9月の月間成績は以下の通りとなった。

巨人 19勝6敗 
打率.259 OPS.748 本塁打26 援護率5.26
先発防御率3.09 QS率53.8% 救援防御率2.66

中日 13勝11敗 
打率.265 OPS.715 本塁打18 援護率3.91
先発防御率4.09 QS率32.0% 救援防御率3.21

阪神 13勝12敗 
打率.253 OPS.726 本塁打31 援護率4.29
先発防御率4.34 QS率50.0% 救援防御率2.36

DeNA 11勝14敗 
打率.259 OPS.731 本塁打28 援護率4.73
先発防御率4.84 QS率44.4% 救援防御率2.67

広島 9勝15敗 
打率.257 OPS.705 本塁打22 援護率3.87
先発防御率5.63 QS率26.9% 救援防御率4.52

ヤクルト 9勝16敗 
打率.254 OPS.713 本塁打30 援護率4.41
先発防御率4.58 QS率26.9% 救援防御率3.70

 巨人はV9最終年である1973年8月以来となる月間20勝にこそ届きませんでしたが、貯金13で他の5球団との差を広げました。巨人のほか、9月に勝ち越したのは中日と阪神。どちらも投手力、特に救援投手陣に定評のあるチームで、着実にカード勝ち越しを積み重ねました。

 中日は6回までリードしていた試合が月間で13試合ありましたが、その全てで勝利。シーズン全体で見ても、6回までにリードしていた場合は33勝2敗(勝率.943)、7月28日から25連勝となっています。

 中日救援投手陣の9月成績は

R.マルティネス 登板10 防御率1.80 WHIP1.20 奪三振率16.2

祖父江大輔 登板11 防御率0.00 WHIP0.40 奪三振率4.5

福敬登 登板10 防御率3.86 WHIP1.50 奪三振率4.8

谷元圭介 登板10 防御率1.08 WHIP1.20 奪三振率2.2

 と、チームの月間勝ち越しに大きく貢献しています。

 阪神の救援投手陣も月間防御率2.36とリーグ1位の貢献を見せており、阪神も6回までリードすれば9月は8戦全勝。シーズン全体でも中日と同じく33勝2敗で、7月12日以来29連勝としています。

 阪神は攻撃陣も月間本塁打31本と長打力が際立ちました。特に大山悠輔が9本、近本光司が5本と2人でチームの半数近くの本塁打を稼ぎました。ちなみに阪神の月間本塁打が30本以上となったのは、2010年8月に月間41本となって以来の出来事です。2010年8月は新井貴浩、城島健司、ブラゼルが6本、鳥谷敬、金本知憲、マートンが5本という内訳でした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」