野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大は「163.9億円の期待に応えてきた」 米メディアが7年契約を高評価

田中将大は「163.9億円の期待に応えてきた」 米メディアが7年契約を高評価

ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)のレイズとの地区シリーズ第3戦で先発する。チームが第2戦で敗れて1勝1敗のタイで迎える。「どういう状況であれ、しっかりと自分自身のバランスでゲームに入って、プランに沿って良い投球ができたらと思います」と意気込みを語った。

ヤンキース・田中将大【写真:AP】
ヤンキース・田中将大【写真:AP】

8日の地区シリーズ第3戦ではシーズンとは違うノーワインドアップで臨む「色々な狙いがある」

 ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)のレイズとの地区シリーズ第3戦で先発する。チームが第2戦で敗れて1勝1敗のタイで迎える。「どういう状況であれ、しっかりと自分自身のバランスでゲームに入って、プランに沿って良い投球ができたらと思います」と意気込みを語った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前回登板のインディアンスとのワイルドカードシリーズ第2戦から中6日で先発する。前回は雨と風の影響もあり、4回0/3を6失点だった。シーズン中は振りかぶったワインドアップで投球してきたが、この第3戦ではノーワインドアップの投球フォームで臨む。「自分としては色々な狙いがあるのですけど、感覚というものは良くなってきている状態を感じているし、明日もノーワインドアップで行くと思います」と明かした。

 米メディアの期待も大きい。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」は地区シリーズに臨む各チームのロースターから見える戦力補強を分析。ヤンキースについては「かつてのように大金を費やす球団ではない。しかし、それによって、今オフにゲリット・コールを(9年総額)3億2400万ドル(約342億6000万円)という記録的な金額で獲得することが妨げられることはなかった」としながら、首位打者のルメイヒューと今季が7年契約最終年となる田中についてもこう評価している。「ルメイヒューは球界でも屈指の最高のバーゲン(掘り出し物)となり、マサヒロ・タナカは7年1億5500万ドル(約163億9000万円)の契約に伴う期待に応えてきた」。

 メジャーでは昨季まで6年連続2桁勝利を挙げて通算78勝、防御率3.74と結果を残してきた。一発勝負のポストシーズン。右腕の力投を期待したいところだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」