野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA佐野は87人中84番目指名… ドラフト下位からタイトル獲得に迫る選手たちは?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で3か月遅れで開幕した2020年のプロ野球もいよいよ終盤戦。各球団が90試合以上を消化し、シーズンも残り4分の1を切った。ここからはペナントレースと共に、各タイトルの行方にも注目が集まっていく。

DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】
DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】

DeNAの佐野は打率.339、122安打でリーグトップに立つ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3か月遅れで開幕した2020年のプロ野球もいよいよ終盤戦。各球団が90試合以上を消化し、シーズンも残り4分の1を切った。ここからはペナントレースと共に、各タイトルの行方にも注目が集まっていく。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 一際大きな期待を抱かれるのは栄えあるドラフト1位で入団した選手たちだが、プロ入りしてからは指名順位は関係ないと言われる。現に、今季、セパ両リーグでタイトルを争っている選手たちの中にもドラフト4位以下の下位指名で入団した選手たちがいる。

・DeNA 佐野恵太(打率、安打)
 2016年のドラフト9位で明大から入団した佐野。この年のドラフトでは支配下で87人が指名され、佐野の名前が呼ばれたのはその84番目だった。今季、開幕から4番を任されると、コンスタントに安打を放ち、ここまで打率.339、122安打は共にセ・リーグトップに立っている。

・巨人 戸郷翔征(勝利)
 2018年のドラフト6位で聖心ウルスラ学園から巨人に入団した高卒2年目右腕。開幕からローテの一角を担い、ここまで8勝、防御率2.75をマークしている。勝利、防御率は先輩の菅野が独走しておりタイトル獲得は難しいが、勝利数ではリーグ3位タイと十二分の成績を残し、広島の森下暢仁投手と共に新人王の有力候補にあがる。

・中日 祖父江大輔(ホールド)
 愛知高、愛知大、トヨタ自動車を経て2013年のドラフト5位で中日へ。今季は勝利の方程式の一角を担い、ここまでヤクルトの清水昇に次ぐリーグ2位の22ホールドをマークしている。防御率1.25も優秀な数字で、今や、中日リリーフ陣にはなくてはならない存在となっている。

・日本ハム 近藤健介(首位打者、出塁率)
 2011年のドラフト4位で横浜高からプロ入りした。昨季は出塁率.422で自身初タイトルを獲得した。今季もその力は健在。ここまでの出塁率.467はリーグトップ、打率.334はオリックスの吉田正尚、ソフトバンクの柳田悠岐に次ぐリーグ3位。タイトル獲得が十分に狙える位置にいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」