野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DAZN「月間最優秀バッテリー賞」9月候補発表 選考委員・多村仁志氏の基準とは…

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が特別協賛する「2020プロ野球月間最優秀バッテリー賞」の9月度受賞候補(8/25~9/27)が発表された。セ・リーグでノミネートされたのは「阪神・スアレス投手と梅野隆太郎捕手」、「中日・祖父江大輔投手と木下拓哉捕手」、「DeNA・上茶谷大河投手と戸柱恭孝捕手」の3組だ。同賞の選考委員で、現役時代は横浜(DeNA)、ソフトバンク、中日でプレーし、第1回WBC優勝メンバーでもある多村仁志氏は、どんな基準で候補者を決めているのだろうか。

DAZN「月間最優秀バッテリー賞」の選考委員を務める多村仁志氏
DAZN「月間最優秀バッテリー賞」の選考委員を務める多村仁志氏

2か月連続受賞の巨人・菅野は候補外「面白くないですから(笑)」

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」が特別協賛する「2020プロ野球月間最優秀バッテリー賞」の9月度受賞候補(8/25~9/27)が発表された。セ・リーグでノミネートされたのは「阪神・スアレス投手と梅野隆太郎捕手」、「中日・祖父江大輔投手と木下拓哉捕手」、「DeNA・上茶谷大河投手と戸柱恭孝捕手」の3組だ。同賞の選考委員で、現役時代は横浜(DeNA)、ソフトバンク、中日でプレーし、第1回WBC優勝メンバーでもある多村仁志氏は、どんな基準で候補者を決めているのだろうか。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「データですよね。どういう成績を残しているのか、どういう貢献をしているのかが一番のメインになります。そして、選ぶファンの方たちにも分かりやすい選び方にさせていただいます」

 勝ち星、防御率、奪三振数など「数字で分かりやすいところ」に注目。今回の候補に選ばれた3組を見ても、選考対象期間中の活躍は目覚ましい。スアレスと梅野は8セーブを記録、祖父江と木下は失点・自責点ともに「0」、上茶谷と戸柱は2位を争う阪神戦で2度勝利。3組それぞれ受賞にふさわしいパフォーマンスを見せた。

 今回から少し変わったのは、候補者に救援投手が入ったことだ。投手の分業化が当たり前となった今、先発投手と救援投手が果たす役割の大きさは変わらない。特に、コロナ禍で開幕が遅れた今季は、序盤に各球団でクローザーが不調となる波乱。多村氏は「やっぱりコロナ禍の中で調整が難しかったのかなと思います。キャンプで作り上げたものが、1回リセットされてしまったような感じだと思いますから」と話す。

 そういった状況の中で奮起したのが、スアレスだった。多村氏はスアレスについて「移籍1年目でクローザーになって、チームを2位に持っていった。藤川(球児)投手が今季限りで引退という話になりましたけど、その中で後ろでしっかりやってくれた」と高く評価する。

 中日は8月の大野雄大&木下に続き、2か月連続の候補入り。今季は2012年以来、8年ぶりのAクラス入りも見えているが、その原動力となっているのが投手陣の活躍だ。特に大野は菅野に次ぐセ・リーグ2位の防御率2.18をマークするなど絶好調(10月5日現在)。その理由は、昨季から指揮を執る投手出身の与田剛監督と阿波野秀幸投手コーチにあると多村氏は見る。

「大野投手によると、与田監督は昨年就任した際に、勝ち負けだけではなく、長いイニングを投げてくれれば評価に繋がるという話をしてくれたそうです。それで自分のパフォーマンスを見せることが大事だと気付いたんでしょう。また、阿波野コーチがピンポイントで教えてくれたヒントのおかげで、球の走りが変わったとも言っていましたね」

【PR】2020年終盤戦も11球団徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」