野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大は「ヤンキース最後の登板かも」 5失点KOに米メディア辛辣

田中将大は「ヤンキース最後の登板かも」 5失点KOに米メディア辛辣

ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、ア・リーグ地区シリーズ第3戦のレイズ戦に先発し、5回途中5失点で敗戦投手となった。2本の本塁打を浴びる背信の投球となり、チームはレイズに地区シリーズ突破に王手をかけられた。プレーオフ敗退の危機となり、米メディアでは7年契約が終わる田中にとって「ヤンキースで最後の登板になったかも」と辛辣に評価している。

レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】
レイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】

ポストシーズンに無類の強さを誇ったものの…「レガシーは損なわれた」

■ヤンキース – レイズ(地区シリーズ・日本時間8日・サンディエゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、ア・リーグ地区シリーズ第3戦のレイズ戦に先発し、5回途中5失点で敗戦投手となった。2本の本塁打を浴びる背信の投球となり、チームはレイズに地区シリーズ突破に王手をかけられた。プレーオフ敗退の危機となり、米メディアでは7年契約が終わる田中にとって「ヤンキースで最後の登板になったかも」と辛辣に評価している。

 2回2死一、二塁でペレスに右前への適時打を許して先制点を献上した田中。味方が同点に追いついた直後の4回にキアマイアーに痛恨の勝ち越し3ランを浴びた。5回先頭のアロザレナにもソロ本塁打を被弾し、田中は降板。4回0/3を投げて8安打2被弾5失点で負け投手となり、ヤンキースも敗れた。

 レイズに地区シリーズ突破へ王手をかけられたヤンキース。8日(日本時間9日)に予定されている第4戦に敗れると、ポストシーズン敗退が決まる。7年契約が終わり、FAとなる田中に対して、ヤンキース公式サイトは「ヤンキースが持ち直さない限り、水曜日がタナカのそれ以外は素晴らしかったピンストライプでの7年間の最後の登板になったかもしれない」と指摘した。

 また、米紙「ニューズデイ」は「マサヒロ・タナカはこれまでのようなポストシーズンの状態ではなかった」、ニューヨークの地元紙「NYデイリーニュース」は「タナカは予想外に効果的でなかった。タナカのプレーオフのレガシーは損なわれた」、地元メディア「ノースジャージー.com」も「大事な時に調子を上げるタナカの名声は、ヤンキースが水曜日の夜のレイズ戦で頼りにしたものであった。しかし、タナカは最高の状態に近いものは見せられなかった」と、一様に田中の投球を厳しく評価していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」