野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • ドラフト指名なら“日本人最長身” 札幌大谷の身長2メートル左腕が秘める可能性

ドラフト指名なら“日本人最長身” 札幌大谷の身長2メートル左腕が秘める可能性

身長2メートルの大型左腕が来たる10月26日のドラフト会議を待っている。昨春のセンバツに出場した札幌大谷の阿部剣友投手(3年)は今季最速142キロをマークし、プロ志望届の提出を決断した。プロ入りが実現すれば、現役日本人最長身選手になる。

札幌大谷・阿部剣友【写真:石川加奈子】
札幌大谷・阿部剣友【写真:石川加奈子】

超大型投手ならではの悩み…日本球界に参考になる投手がいない

 身長2メートルの大型左腕が来たる10月26日のドラフト会議を待っている。昨春のセンバツに出場した札幌大谷の阿部剣友投手(3年)は今季最速142キロをマークし、プロ志望届の提出を決断した。プロ入りが実現すれば、現役日本人最長身選手になる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ビッグな体には可能性が詰まっている。身長は昨秋から2センチ伸びて、2メートルの大台に乗り、体重も最近100キロになった。「ほかの投手にはない角度からボールが出るところが長所だと思っています」と阿部は長身を武器にした投球スタイルを追い求める。

 日本球界に参考になる投手がいないことが悩みの種だった。「(ボールの)出所の感覚など参考にする選手がいないので、どうしても自己流が入ります」と試行錯誤してきた。船尾隆広監督は「あれだけ大きい左腕と言えば、ランディ・ジョンソンですよね。僕らも打者目線でどこが一番打ちにくいか考えて、腕を少し下げさせたこともあります。一番腕が振れるということで今の位置になりました」と説明する。

 フォーム作りと同時に筋力アップにも励んだ。入学時は体重83キロ。ベンチプレスは50キロしか上げられなかったが、今では80キロを楽々上げられるまでになった。球速は軟式でプレーしていた北斗大野中時代の130キロから142キロまでアップした。

 高校でやることはほかにもたくさんあった。「バント処理など小さい動作に苦労しました」と苦笑いしながら振り返る。船尾監督は「今ではフィールディングができるようになりました。あの手足の長さですから、扱うのは大変だと思いますよ」と語る。

 社会人のNTT北海道時代に日本代表も経験した船尾監督は、中学3年の春から追いかけてきた阿部の成長について、ある程度長い時間が必要だと考えていた。「プロを目指そう」と励まし寄り添ってきた指揮官は「野球人としては20歳を超えてからだろうなと思っていました。高校でも(体が)成長していたので、それが止まるまで、なかなか感覚をつかむのは難しい。まっさらな土地に種を撒いて、今は葉っぱが出てきたあたりですかね。10年後どうなっているかが大事だと思っています。そういう目で見てくれるところに行ってほしいですね」と親心をのぞかせる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」