野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・大野雄、燕・山田哲&小川… FA権行使なら争奪戦必至 注目選手の現状は?

2020年のペナントレースもいよいよ終盤戦。120試合制で行われる今季、ここまで各球団は90試合超を消化し、シーズンも残すところ4分の1ほどとなっている。セ・リーグは巨人が首位を独走、パ・リーグはソフトバンクとロッテによるデッドヒートとなっている。

ヤクルト・山田哲人(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
ヤクルト・山田哲人(左)と中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

中日・大野雄大は今季8完投4完封と圧巻の好成績で評価急上昇

 2020年のペナントレースもいよいよ終盤戦。120試合制で行われる今季、ここまで各球団は90試合超を消化し、シーズンも残すところ4分の1ほどとなっている。セ・リーグは巨人が首位を独走、パ・リーグはソフトバンクとロッテによるデッドヒートとなっている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 シーズン終盤となり、ファンにとって気になるのは優勝争いの行方と共に、選手たちの去就に関わるところ。特に今季は新たにFA権を取得した大物選手が多く、オフのFA市場は大きな話題となりそう。そこで、新たに国内FA権を取得し、権利を行使した際には熾烈な争奪戦となりそうな、主な選手の今季の成績を見ていこう。

○大野雄大(中日)
16試合8勝5敗0S0H 防御率2.07
8完投 4完封 121奪三振

 昨季、そして今季とその評価を著しく高めているのが大野雄だろう。7月31日のヤクルト戦から6試合連続完投、5試合連続完投勝利と圧巻のパフォーマンスを披露。今季8勝のうち、7勝を完投でマークしている。セ・リーグの先発として巨人・菅野智之と双璧を成す活躍を見せており、権利行使となれば、争奪戦は必至か。

○山田哲人(ヤクルト)
72試合274打数75安打12本塁打48打点
8盗塁 打率.274 出塁率.354 OPS.825

 史上ただ1人、3度のトリプルスリーを達成している山田哲。今季はコンディション不良で先発を外れるなど、ここまで打率.274、12本塁打48打点と、本来の姿からすると物足りない数字となっている。それでも、これまで積み上げてきた実績と能力は折り紙付き。権利を行使すれば、複数球団が獲得に動く争奪戦となると予想される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」