野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ山本由伸は金子弌大+斉藤和巳 元指揮官が見る凄さ「上手さと強さを感じる」

オリックスの山本由伸投手は現在、リーグトップの防御率2.26、132奪三振、8勝3敗と圧巻の成績を残している。自身初の2桁勝利も見えてきた右腕を元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「持ち球はすべて一級品で、経験値が上がったことで試合の流れを考えた投球ができている」と評価。「当時の金子弌大、斉藤和巳を見ているようだ」とパを代表する2大エースの名を挙げている。

オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

元オリックス監督の森脇浩司氏が投球術を絶賛

 オリックスの山本由伸投手は現在、リーグトップの防御率2.26、132奪三振、8勝3敗と圧巻の成績を残している。自身初の2桁勝利も見えてきた右腕を元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でもコーチを務めた野球評論家の森脇浩司氏は「持ち球はすべて一級品で、経験値が上がったことで試合の流れを考えた投球ができている」と評価。「当時の金子弌大、斉藤和巳を見ているようだ」とパを代表する2大エースの名を挙げている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 前回登板の6日・ロッテ戦では8回2安打9奪三振無失点の快投で8勝目を挙げた山本。昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得し、今季も2年連続の同タイトル、そして自身初の2ケタ10勝を狙うプロ4年目の若き22歳エースを、森脇氏も高評価した。

「直球、フォーク、パワーカーブのほかに、さらに3、4種類の変化球がある。全てのボールが一級品で、カウントも取れるし、勝負球にもなる。今年はますます磨きがかかっているし、打者との駆け引きを重ねることで、経験値も上がっている」

 森脇氏は6日のロッテ戦に注目。その経験値の高さを感じたのが4回だったという。1死からマーティンを四球で歩かせた後、続く安田に投げた初球だった。山本が見逃しストライクを奪ったのはパワーカーブ。安田は続く2球目の152キロ直球を打ち、遊撃への併殺打に倒れた。この打席で、安田が山本の直球をとらえきれなかった理由は、初球のパワーカーブにあったと森脇氏は紐解く。

「この場面で初球に投じたパワーカーブは効果抜群で、直球狙いでも打ち損じを生む。会心のストレートではなかったが、安田の遊ゴロも致し方ないところだと思う」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」