野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹VSロッテの首位攻防戦どうなる? 14年死闘を繰り広げた元オリ監督が占う3連戦

ソフトバンクは8日、敵地での西武戦を4-4で延長10回を戦い引き分けに。敵地での3連敗は何とか阻止してゲーム差「1」を死守し、9日からロッテとの直接対決が始まる。元オリックス監督でソフトバンクでは王監督の参謀役、巨人、中日でも名コーチとして知られる森脇浩司氏が首位攻防戦のポイントを占った。

ロッテ・井口監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督(左)とソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

ロッテは早い段階でリードを、ソフトバンクはモイネロ、森に繋げる投手起用が鍵を握る

■西武 4-4 ソフトバンク(8日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは8日、敵地での西武戦を4-4で延長10回を戦い引き分けに。敵地での3連敗は何とか阻止してゲーム差「1」を死守し、9日からロッテとの直接対決が始まる。元オリックス監督でソフトバンクでは王監督の参謀役、巨人、中日でも名コーチとして知られる森脇浩司氏が首位攻防戦のポイントを占った。

 ホークスは3年ぶりのリーグ制覇奪還に向け正念場を迎える首位攻防戦。ここまで4勝10敗1分けと大きく負け越している“天敵”と本拠地で大一番を迎える。ロッテは新型コロナウイルスの感染者が出る中、大幅な入れ替えを強いられる状況だが昨季から続く相性の良さは一つの武器となる。

「シーズン30試合を切ってくるとゲームの大きな流れは直接ペナントの流れになってくる。ロッテは中村奨、マーティン、安田、井上、福田秀ら主力が集まる2番から6番まででいかに点が取れるか。四球をもぎ取り、相手のミスに付け込むのがロッテの攻撃パターンの一つ。また、マーティンがオールマイティに役割を果たすのは何とも頼もしいところだ。デイフェンスでは唐川、澤村、益田の勝利の方程式が出来ているだけにペナントにおいても早い段階で追いつき、追い越したい」

 ロッテは1番・荻野や菅野、藤岡、角中、清田、そして代走の切り札・和田らを欠くことになるだけに森脇氏は早い段階でリードを奪うことが必須になると見る。

 一方、今季ロッテに大きく負け越しているソフトバンクはモイネロ、森につなぐリリーフ陣に注目。サブマリンの高橋礼、左殺しの嘉弥真、150キロを超える2年目長身右腕の杉山ら「非常に面白いタレントが揃っているだけに、勝ちパターンにいかに繋げるか」と投手の起用法について言及。

 また、打線についても「周東の足と柳田の打棒などでゲームを動かす以外にヒットエンドランとウエイティングの戦術を交えると面白いと見る。特にウエイティングのサインは地味ではあるが打者を助け、カウントを整えさせてくれるだけでなくゲームの流れを大きく左右することさえある。データと配球には特に強い工藤監督だけに残り試合、CSとそんなところにも注目したい」と効率の良い攻撃が重要になってくると指摘する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」